navis

体験トレーニング

スタッフブログ

トレーニングノート

トレーニング

短期間ダイエットでリバウンドする原因とその対策とは!?



ライザップの影響で良いも悪いも、パーソナルトレーニング業界は大きく活性化しました。パーソナルトレーニングという職業が認められるようになったのも、ライザップが大きな要因だといえます。

「短期間で大きな成果をあげる」「結果にコミットする」といった、切り口でインパクト十分の宣伝方法。色んな方々が1度は御覧になったであろうCM。凄く理にかなったマーケティング戦略でフィットネス業界を引っ張っていってくれました。

ライザップに通う芸能人は次々とシェイプアップやダイエットなどを達成させて、芸能人以外の方も次々と肉体改造を成功させる方がいらっしゃいました。ダイエットプログラムの中に色んな仕掛けがあるので、2か月間などの短期間でしっかり成果がだせる方が多かったのだと考えます。

ただ、物事は常に表裏一体でやってきます。メリットがあればデメリットがあります。ライザップのような短期間ダイエット専門のパーソナルトレーニングジムと、リバウンドしにくい、運動生理学にのっとった持続型パーソナルトレーニングジムの良い面と悪い面は下記のようなものがあげられます。

短期間ダイエットプログラムのパーソナルトレーニングジム




【メリット】

糖質を完全にカットするなどのドラスティックな食事制限や、ドラスティックな高強度の運動やトレーニングを施すため、極端な肉体改造の成果が手に入る。高額な料金を支払って、何が何でも達成しないといけないなどの、モチベーションに繋がるのと、2カ月という短期間だけ我慢すれば良いというマインドが成果結果をつくるサポートをするので、基本的には短期間でも身体の変化を実感することが出来る。

【デメリット】

極端な食事制限や極端な高強度の運動やトレーニングを行うので、極端な身体の変化が手に入るが、極端な内容のことを行っているので、食事制限にしても、高強度のエクササイズやトレーニングにしても、続けることが難しい。極端な食事制限なので、もともと心臓などに障害のある方が行うと健康面で危険な状態が起きる可能性がある。トレーニングに関しても、フォームなどの土台が整っていない状態で行うので、怪我や身体の状態が悪くなってしまうリスクが高い。

持続型ダイエットプログラムのパーソナルトレーニングジム




【メリット】

運動生理学にのっとって運動やトレーニングを行うので、身体の土台作りから行うことができ怪我のリスクを回避できる。また、適切な解剖学に乗っ取った筋トレなので、代償動作になる危険性が低く、つけたくないところに筋肉がつきにくい。(脚など太くなりにくい)無理な食事制限がないので、継続することができ、リバウンドのリスクを回避できる。

【デメリット】

短期間の極端な食事制限をしないので、短期間での極端な見た目の変化は得にくい。身体の土台をつくるトレーニングは、コンディショニング的な要素が強いので、たくさん運動してとにかく汗をかきたいなどのニーズは、身体のバランスが悪いなどの場合応えられないことがある。

短期間ダイエットでリバウンドする主な原因




ドラスティックなダイエットは一般的に考えると上述したようなデメリットがあげられるのですが、理論的にリバウンドの原因を掘り下げていくと以下の事柄等があげられます。

ダイエット後の水分摂取によるリバウンド




言い方は悪いですが、知識の少ない状態の女性や、身体の特性など機能的な部分を解ってない中年男性等は、水分の多い少ない、つまり水分での体重の多い少ないで、一喜一憂することが多々あります。女性の場合だと、「2日間食べることをストップしたら体重が1㎏も減った」男性の場合だと、「サウナにいって汗を沢山かいたから体重が1㎏減少した」などでしょうか。

体重が1㎏減少したことは疑うことの出来ない変えようのない事実ですが、これが脂肪が燃焼したことによるダイエットの成果のように認識されていらっしゃる方が割と多いのです。筋肉や脂肪はそんなに簡単についたり落ちたりなど、極端に増減する類の性質ではありません。

3日以内の体重の増減は原則として、水分の多い少ないで起こっているのです。ダイエットが終わった直後に体重がリバウンドしたとしたら、これも基本的には水分による体重の増加です。この時、体重は増加してしまっているのですが、、脂肪自体は増加していません。ですので、基本的には見た感じの身体の雰囲気は変化しません。

カラダには、約480gの糖質が、主に肝臓と筋肉に備蓄してあり、この糖質は、水と結合するようになっているので、備蓄されている糖質と重さに換算すると、2kg程の重量が+されます。これらの蓄積された糖質は、2か月間の食事制限ををすると、ほぼ必ずといってよい程消費されてしまうので、2㎏程度体重が落ちている状態です。

そして、この2か月間の食事制限をストップすることにより、3日間位で肝臓や筋肉に糖質の備蓄が復活するので、糖質と水分を合わせて、約2㎏の体重がリバウンドしてしまうのです。これらのことからも理解していただけると思うのですが、2か月間の食事制限を終えた後に体重が戻るのは、主に水分になります。

低炭水化物の食事制限から通常食に戻すリバウンド




短期間の食事制限をした後での体重増加の理由で、最もよく聞くのがこの事象です。2か月間の食事制限で女性は甘い物、男性はアルコールや揚げ物等を頑張って我慢したので、これを開放してたくさん食べたいという欲求がでてしまいます。この欲求のままに、痩せた後の食生活や普段の活動に戻すと、(カロリーベースでみた場合)必ずリバウンドします。当然といえば当然ですが、ダイエットすることにより、消費カロリーは下がります。

理由としては、体重が減る必ず身体が軽くなったり小さくなるからです。(これになってないということは、そもそもダイエット失敗なのでリバウンドは起こりません。)体脂肪が減少してカラダが軽快になると、体重があったことに反比例して、普段の動作でカラダを使う時の消費カロリーが減少します。

また、基礎代謝も比例して減少します。これらの理由は、体脂肪が減少して身体が小さければ、発熱する値が低くても、体温を保つことができたり、身体の面積が小さくなり、外に逃げる体温も低くなるから、熱をつくる量が自然と減るということがおきます。消費カロリーが落ちることは、ダイエット前の摂取カロリーや食事に戻れば、消費カロリーが落ちた分体脂肪は徐々に増えていってしまいます。

ダイエット時に筋トレを沢山した人は、筋肉がついてるから基礎代謝がUPしていると思っていらっしゃる方もいますが、体重を落としながら筋肉をつけることはかなり厳しいものです。ただ、もちろん食生活を戻しても、下がった消費カロリー分のエクササイズやトレーニングを継続出来ればリバウンドにはなりにくいですが、すべてを元に戻してしまえば、カロリーベースで考えれば確実に体重増加などが起きます。

糖質制限ダイエットのストレスで甘い物などをドカ食するリバウンド




食事制限というのは、そもそも我慢の連続です。「甘い物を我慢しなければならない」「運動しなければならない」「食事管理しなければならない」「痩せなければならい」など、○○しなければならないのオンパレードです。

これは、脳科学的にみてネガティブマインドのオンパレードす。このような考え方は実は多くのマイナスホルモンを身体に放出してしまいます。そうなると身体はどんどん、マイナス方向に傾倒してしまい、ストレスもどんどん溜まっていきます。そうすると何が起こるかというとドカ食いに発展していきます。

特に短期間のドラスティックなダイエットや糖質カットから解放されると、堰を切ったように解放感からかなりの量を食べてしまいます。そうなると、ダイエット前より体重が増えてしまったなんてことも少なくありません。これらは、マインド云々より、物理的な作用が働いているので、極端に食事のカロリーを減らすことや、極端に運動量を増やといった過激な事象で、起こる現象です。

特に1つの食材を継続したり、糖質や脂肪などをカットするのも、心身ともにストレスが大きくなってしまいます。また、カロリーを取らなさすぎると、筋肉はドラスティックに減少していきますので代謝もドラスティックに減少してしまいます。

糖質制限のリバウンドでよく勘違いされる原因




糖質制限を推奨するパーソナルトレーニングジムでは、炭水化物抜きやエクササイズや筋トレに関してもそうですが、食事制限や体重が戻るなどの理論の説明などでも、極端な事例を伝える傾向が多いです。無論、嘘とは言えませんが、尾ひれがつくなど、非常に極端になっており、そのことが常識だと認識されていることが多くあります。そんな勘違いされている原因は下記にまとめたことなどです。

短期間ダイエット後は飢餓状態でリバウンドしやすい




炭水化物抜きのような食事制限の時のリバウンドに限らず、順調に低下した体重や体脂肪率が、落ちなくなると大体のパーソナルトレーナーは「カラダが危険を察知して、飢餓状態になっているので、体脂肪を溜め込もうとしており、停滞しています。」という説明をします。これは、決して間違いではありません。確かにそんな傾向もありがそれだけではないのです。

食事制限後のリバウンド防止に関しては、「飢餓状態でカラダの吸収率が上がった状態で、そこで大量に食べると、一気にに太ってしまうのです。」というような説明をします。これは、カロリーなどを無視すれば、誇大な言い方になります。なぜならば、通常の状態での栄養の吸収率が約96%だからです。これは数学の観点からになるのですが、これまた誇大表現で120%など言ったりしてますが、120%はなく、%は100%までなので、普段の吸収率が96%だから、遊びは4%しかないのです。こう考えると、吸収率のくだりは大分極端な表現で、原因というには心もとない情報だと言えます。

ダイエットは糖質制限以外痩せないのでリバウンドしても糖質制限が必要




炭水化物抜きを推奨しているパーソナルトレーニングジムは大、ほとんどが、糖質や炭水化物をカットするダイエットを推奨しており、これ以外では基本痩せないと言い切ります。掘り下げていくと、元々1万年前の人間の祖先はタンパク質と脂質しか摂取してなかったから、糖質はそもそもいらない言うパーソナルトレーナーもいる位です。

確かにこれに関しては、学術的に賛成するドクターもいますが、これが絶対であるという考えは多少乱暴なように思えます。物事は常に球体思考で考えるべきだという論点から考えると、ある方面からみるとこの論理は真実ではなくなります。

それは、歯の種類と本数です。生物学的に肉食動物と草食動物などのカテゴリ別では、歯の種類や本数は異なっています。人間の場合、ご飯などを食べる臼歯が20本 根菜や葉物やフルーツを食べる門歯が8本 肉や魚などの動物性のタンパク質を食べる犬歯が4本となっているので、割合にすると5:2:1になります。つまり、穀物5:野菜&果物2:肉&魚1の割合で食生活を組み立てるのが理想であるという理論になります。

炭水化物抜きダイエットを推奨するパーソナルトレーニングジムのパーソナルトレーナーがいうように、人間は肉や魚だけでいいのだという表現でいくと、人間の歯はもっと犬歯が多くないと論理的にはおかしくなってしまいます。

炭水化物抜きでリバウンドしない対策とは!?




炭水化物抜きでカラダが元に戻らないようにする1番の方法は、炭水化物抜きなどのような極端なことを実施しないことです。上記のような理論を理解して取り組んだとしても、どうしてもやはり無理が生じてしまいます。もちろん、結婚式など短期間で結果をだす必要がある場合は別ですが、長期的にダイエットをし続けたいという方であれば、実施しないべきです。

世の中は基本的に対価交換方式で動いています。極端に体重を落とせば、極端に体重は戻りますし、長いスパンで体重を落とせば、長いスパンで体重が戻り易くなります。人間はエゴと欲求の塊ですので、長いスパンで計画的に捉えて取り組んでいかないと、一気にいってしまう生物なのです。

他の動物では起こりにくいですが、人間脳が存在する限り、ドラスティックにするとドラスティックな結果を生じてしまいやすいのです。極端なリバウンドだと、「きつい運動しても、炭水化物抜きをしても意味ないじゃん。」という、思考にさえなってしまい、その固定観念が強烈であればあるほど、ダイエットが不可能になってしまいます。

社会生活でも何でも共通していえることですが、やはりこつこつとやっていくのが1番安定的です。身体もこれと一緒で、カロリーなどの数字に支配されずに、身体に必要な栄養素を必要な分だけ摂取する意識づけや、がむしゃらに運動して、肉体を酷使しての失敗ではなく、運動生理学に沿って、こつこつと身体の正しい使い方を学んで、普段の生活の中で、しっかりとカロリーを消費することを学ぶことに意識を変えることが大事です。

焦って実践せずにダイエットと向き合い、丁寧に実践することが重要になります。もし絶対リバウンドしたくないのであれば、炭水化物抜きや、簡単に肉体改造ができるなどを売りにしているようなパーソナルトレーニングジムは選ばずに、運動生理学や健康の為の食事メソッドなどの知識を有しているパーソナルトレーニングジムに行かれることがおすすめです。

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る