navis

体験トレーニング

スタッフブログ

トレーニングノート

食事

花嫁ダイエットを成功させる秘訣とトレーニング方法


花嫁ダイエットをする時に最も大切なことは?


「女性が人生で最も美しい状態はどんな時?」という、問いかけをすると、ほとんどの方が、結婚式というフレーズが頭に浮かぶはずです。いわゆる、花嫁という状態です。ブライダルダイエットや花嫁ダイエットという言葉が、一般的に認知されているように、結婚式に向けた、トレーニングジムでのダイエットや、エステでのダイエットは、もはや一般的になっていて、結婚式場などと提携しているところも少なくありません。

皆さんもこれまでダイエットをしてきた経験があるかもしれませんが、ダイエットは楽なものではありませんし、(一部の方を除くと)もちろん楽しいものでもありません。ダイエットをされてきた方のイメージでは、甘い物を我慢したり、お酒を我慢したり、毎日エクササイズをしたりと、○○しなければならいのオンパレードになっているはずです。

そんな苦しいイメージのダイエットですが、この苦しさを打ち消す秘策が1つだけあります。それはモチベーションです。モチベーションさえ高い位置でキープできていれば、基本的にダイエットは苦しくないといえます。好きな食べ物を控えないといけないとか、きつい筋トレをしないといけないという、ネガティブマインドよりも「食べ物を控えたら、○○みたいなカラダになるんだ。」などのような、ポジティブな方に思考が向くからです。この方向にさえ、マインドがセットしてあれば、正直なところ、むちゃくちゃな食事制限や筋トレや運動などをしていない限り、ダイエットはそんなに難しいものではありません。

パーソナルトレーナーをやっていて、クライアントを成功に導く最大のポイントは、このモチベーションを高めたり、キープしたりすることです。このモチベーションさえコントロールしてあげれば、ほぼ確実にカラダを変えることが出来るからです。

この点からみると実は、ブライダルダイエットや花嫁ダイエットの方のカラダを変えることは容易です。それは、結婚式を前にした女性は、「一生写真として残る前撮り。」「披露宴でキレイな姿を披露する。」など、1大イベントが控えているので、相当モチベーションが高いからです。パーソナルトレーナーを10年以上続けてきて思うことは、花嫁ダイエットを目指す女性は相当なモチベーションを兼ね備えているので、トレーニングジムに通わなくても、1人で十分ダイエットが出来るということです。

花嫁ダイエットを成功させる1番のコツは?




パーソナルトレーニングブームが到来してから、ダイエットをするには、食事制限+運動が必須という構造が確立しました。ジムに通う多くの方が思い込んでしまっているのが、運動をしないと痩せないという先入観です。確かに運動やトレーニングをすれば、代謝もあがるし、消費カロリーも増えますが、それを行わないと痩せないということはありません。

そもそも、ダイエットという言葉は、イコール、食事制限という意味です。ダイエットのそもそもの意味に運動は含まれていないのです。このようなことからいえることは、痩せるという現象を引き起こす為には、食事制限を行えばよいのです。ですので、花嫁ダイエットだからといって、高いお金を払ってパーソナルトレーニングジムに通わなくても、高いモチベーションと、食事制限の知識さえ持ち合わせていれば、花嫁ダイエットを成功させることが出来るのです。

花嫁ダイエット時におすすめ出来ない食事制限




通常のダイエットと花嫁ダイエットの1番の違いは、花嫁ダイエットの場合は、結婚式の日にキレイな姿を披露するという、ピンポイントで最大の目的が存在します。ちょっと考えたら解ることですが、キレイな姿を披露するのは、ただ単に体重を落とせば良いだけではありません。

パーソナルトレーニングジムが乱立するようになってから、乱立し始めた理論が、いわゆる「炭水化物抜きダイエット」のような、身体を壊してしまう食事制限理論です。ひどいパーソナルトレーニングジムになると、痩せる為にはこの方法しかないと断言して、無理な食事制限を強要して、カラダに不調をきたす方をだすようなジムもあります。

正直なところこの炭水化物抜きダイエットは体重などの変化でいくと解りやすいものにはなっています。ただ、この体重の変化は、脂肪減少ももちろん関与していますが、まずまずの高い確率で水分の影響が多くあります。理論的に説明すると長くなるので割愛しますが、カラダの中の糖質が減少すると、その糖質に結合している水分も減少します。

ですので、炭水化物抜きダイエットなど、身体の中から糖質を減らすようなダイエット方法は、結論からいくとカラダの中の糖質が減ることによって、水分量が減少し、その水分量でた体重が減少していることが往々にしてあるのです。(炭水化物抜きダイエットのような食事制限を終えて、炭水化物をいれた時に、体重がポンと増えるのは糖質が身体に蓄積されるのと共に水分も蓄積されるからです。)

炭水化物抜きダイエットは、確かに脂肪も多少落ちますし、結果がでない訳ではありませんが、上記のように水分量が減少するなど、身体のバランスなどが悪くなってしまうのでキレイに痩せるというのはでにくい場合があります。

さらに起こりうる現象としては、炭水化物をカットすることにより、食物繊維などの摂取も希薄になってしまうため、腸内細菌のバランスも悪くなってしまいます。そうなるとカラダの中で起こる現象が便秘などです。便秘になれば、身体に毒素が蓄積してしまうので、もちろん身体にもよくありませんし、慢性炎症が身体のどこかに飛び火してカラダの機能も落ちてしまいます。

そうなると、顔色が悪くなったり、皮膚の状態が低下するなど、キレイに痩せるとはまた違う方向にいってしまうのです。全ての方がそうなるとはいえませんが、炭水化物抜きダイエットのような極端なことをしてしまうと、キレイに痩せるというよりは、ゲッソリ痩せるといった表現の方が合うような痩せ方になってしまう可能性もあるので、急を要する場合を除けば、おすすめ出来る食事制限ではありません。

花嫁ダイエットする場合に一押しの食事制限




上記の段落でも紹介したように、身体に負担のかかる偏った食事制限では、キレイに痩せるということはなかなか難しいものです。それでは、キレイに痩せるといったものがどのようなものかというと、理想をいえば、その人にあった食事制限をすることです。

例えば、身体がいつも熱を持っている人であれば、身体を冷やす食材を摂取した方がいいですし、逆に身体が常に冷えている方であれば、身体を温める食材を摂取した方が、身体は健康に向かい、見た目にもきれいになっていきます。

ただ、この文章を書くにあたり、1人1人にフィットするような内容を記述することは膨大すぎて、現実的ではありません。ですので、そのような考えた方も少し取り入れて、且つ、西洋で主流となりつつある、統計的観点からみたものや、腸内フローラに着目した食事制限に、米食などの農耕民族として繁栄してきた、日本人にフィットした食事制限を紹介させていただきます。

基本的な考え方としては、身体に無くてはならない3大栄養素の、炭水化物・タンパク質・脂質を摂取し、脂肪燃焼を促進する、ビタミンCや食物繊維を摂取していく。身体に(特に花嫁ダイエットのようにキレイに痩せる為に)必要な栄養素をしっかり摂取しながら、身体の機能を落とすような、添加物などは極力避けていきましょう。という考え方です。

物凄く単純に考えると100年前位の日本人が食べていた食生活に+aで、ダイエットに必要な栄養素を摂取しましょう。という食事制限になります。各々の栄養素をどのような基準や感覚で摂取したら良いかは、下記を参考にしてみてください。

炭水化物の摂取の仕方




炭水化物抜きダイエットなどでは、必ずといっていい程、炭水化物や糖質は極力避けてくださいという指導をされます。ですが、炭水化物はなんといっても三大栄養素なのです。カラダに無くてはならない栄養素なのです。

炭水化物の一般的な認識とされているのは、人間が活動する為のエネルギー源という認識ですが、これ以外にも重要な役割を持っています。それは、筋肉・内臓・靭帯・皮膚・骨など結合組織の原料となるという部分です。これを逆説的に考えると、炭水化物を摂取していないと、上記のような結合組織の原料が不足して、細胞分裂などが上手くいかないので、身体の状態がどんどん停滞していくという現象が起きてしまいます。

これらを防ぐためにも、炭水化物は絶対に摂取しなければならないのです。ただ、炭水化物を体内で分解していくにあたり、ブドウ糖という糖まで分解するのですが、このブドウ糖が余るような摂取の仕方をすると、余剰分は全て脂肪細胞で脂肪として蓄積してしまうので、注意が必要です。

そして、食べて良い炭水化物の種類ですが、基本的に白米かさつまいもやじゃがいもなどのイモ類のみです。小麦製品は基本的に全部NGにしてください。グルテンや農薬や添加物など身体の代謝や機能を下げてしまう物質が大量に含まれているので、キレイにダイエットするには弊害が多すぎです。

麺類を食べたい場合は、十割蕎麦(最低でも二八蕎麦)や、米粉でつくったパスタなどで摂取するのがおすすめです。玄米に関しては、食物繊維や各種栄養素も豊富なのですが、消化しにくいのと、発芽抑制因子などの、人間のカラダにとって有害な物質も含まれているので、玄米を避けてリブレフラワーなどの玄米加工食品を摂取することをおすすめしています。要約すると、炭水化物は絶対に摂取しなければならないものですが、種類を選ばないといけないのと、摂取しすぎに注意することが大事ということになります。

花嫁ダイエットの成功の秘訣1「タンパク質の摂取の仕方」




タンパク質に関しては、炭水化物抜きダイエット時にも主食となるものですし、基本的には、一般的に認識されているものと同等な説明になります。もう一般的にあるものですが、筋肉・靭帯・髪の毛などいたる箇所で原料となる物質です。

一般的に1日の中で、体重1㎏に対して、1gは摂取しないといけないとなっていますが、その認識で大丈夫だと思います。ただ、気をつけないといけないのは、摂取しすぎには注意が必要です。タンパク質は化学式構成上でいくと、毒素に分類されるもので、摂取しすぎると、便秘や下痢や体臭(ガスを含む)などに繋がってしまいます。

身体がそのような状態になっているということは、確実に摂取しすぎなので、もしそのような状態がでたら少し控えるようにしてください。これに関しては、個人差がかなり多いので自分のカラダに目を向けながらバランスをとることが肝要です。

タンパク質の代名詞ともなってきたプロテインですが、私は反対派です。日本に流通しているプロテインの種類は、ホエイプロテインと大豆プロテインが主流です。どちらも簡単にタンパク質が摂取出来るというメリットはありますが、ホエイプロテインは乳清たんぱくが原料で、乳頭不耐性が9割もいる日本人には不向きです。(プロテインを飲んで下痢になる方は基本この類です。)下痢になるということは、身体に合わないから排除しなさいという信号ですので、それでも飲み続けるということは、赤信号をつっこみ続けるとの同じようなものです。

大豆プロテインに関しては、イソフラボンなども豊富ですし、いっけんカラダに良いイメージがありますが、玄米同様に発芽抑制因子が含まれているので、身体に害をもたらしてしまいます。(大豆製品を摂取すす場合は、発酵してあれば毒素は無いので安心です。)要約すると、タンパク質は身体に支障をきたすほど摂取しないようにして、且つプロテインなどは活用せずに、肉や魚や発酵した大豆製品から摂取することが望ましいということです。

花嫁ダイエットの成功の秘訣2「脂質の摂取の仕方」




炭水化物やタンパク質に比べて、2倍以上のカロリーがあるので敬遠されがちな脂質ですが、身体を機能的に動かす上でも、身体を構成する上でも非常に重要な栄養素です。エネルギー源であることは元より、身体に必要不可欠な細胞やホルモンの原料にもなりますし、ビタミンなどの吸収を補助する役割も担っています。

脂質を摂取する時に気をつけたいのは、良い油を摂取するということです。世の中には、必須脂肪酸などの言葉がありますが、最近の研究では無視してもいいと言われています。それよりなにより重要なのが油の質です。酸化した悪い油はトランス脂肪酸と呼ばれ、身体にとってかなり有害なものです。

一般的な油でいくと、プラスチックの容器に入っている油は基本的に全部NGです。油を選ぶときは、「遺伝子組み換え作物不使用」「低温圧搾」「コールドプレス」「エキストラヴァージンオイル」「遮光の瓶」これらのキーワードが入っているものを選べば、良い油である可能性が高いのでおすすめです。

基本的には、タンパク質を必要量摂取していればそれなりに脂質は摂取出来るので、あまり考えすぎずに、質の良いタンパク質を食べられたらよいかと思います。要約すると、使いまわしの油などは摂取せずに、そのまま飲めるような質の高い油を摂取したり、動物性たんぱく質を摂取する中で摂取していきましょう。といった感じになります。

花嫁ダイエットの成功の秘訣3「ビタミンCや食物繊維の摂取の仕方」




花嫁ダイエットの観点から、大まかに説明するとビタミンCや食物繊維は、腸内環境をUPさせたり代謝を促進したりと、ダイエット効果に有用な効果があるので、ぜひ摂取してもらいたい栄養素になります。

ただ、ビタミンCの場合は、大量に摂取するのは難しいのでサプリメントの摂取をおすすめしています。ただ、サプリメントも添加物や不純物質が含まれている可能性が高いので注意が必要です。もしかしたら、将来的に評価が変わる可能性もありますが、現時点のベストとしては、「ワカサビタミンCサプリ」という商品です。質でみても効果でみても料金でみてもおすすめの1品になっています。

食物繊維に関しては、大まかに分けて2種類ありますが、脂溶性の食物繊維の場合は、玄米を加工してつくった、「リブレフラワー」という商品がおすすめで、水溶性食物繊維の場合は、りんご・海藻・きのこなどを摂取するのがおすすめです。サプリメントに関しては、毎日摂取していただき、りんご・海藻・きのこなどは、意識的に摂取していくようにしていくと良いでしょう。

花嫁ダイエット達成の方法「秘密テクニック」




花嫁ダイエット達成のテクニックとしては、下記のようなものがあげられます。下記の項目を行えば行うほど効果がアップしてくるので、出来る限り実践されることをおすすめします。

秘密テクニック1「常温の水を摂取する」




常温の水を摂取した方が良いというのは言うまでもないですが(大半の女性は身体が冷え傾向にあるので、常温又は白湯で飲むべきです。)体重÷30の量の水を極力飲むように心がけてください。但し、水毒などの影響で水を摂取出来ないような方もいらっしゃるので、その場合は、昆布などを毎日摂取しながら、水毒の影響を浄化しながら、お茶などから水にシフトしていくことをおすめします。

秘密テクニック2「塩は良い塩を摂取する」




塩は日本人にとっては、身体のミネラルバランスを整えるために非常に重要なポジションにあります。色んな加工を施して精製された塩は、身体のミネラルバランスを整えるどころか、どんどんバランスを崩してしまうので、良い塩をとることは非常に大事なことです。工程を調べて、「イオン膜」「溶解」「立窯法」の文字があればNGです。逆に「天日・平窯方式」などの文字が見受けられれば、信用度はかなりUPします。沖縄の「粟国の塩」がおすすめです。

秘密テクニック3「咀嚼回数を増やす」




これもよく言われることですが、咀嚼回数を増やすことは、花嫁ダイエットにも色んな好影響を与えてくれます。しっかりと噛むことで、満腹中枢を刺激して食べ過ぎの予防になることは、よく知られたことですが、それ以上に重要なのが、胃腸に負担をかけないということです。口の中で消化酵素としっかり混ぜ合わせ、噛砕くことで、胃腸の負担を格段に減らしてくれます。これにより、胃腸の働きが向上するので、脂肪燃焼などを含む代謝UPに一役かってくれますし、肌の状態もあがること間違いなしです。最低でも1口で50回、時間がある時は100回噛むようにしてみてください。

秘密テクニック4「朝ごはんは食べないかフルーツにする」




最近は朝はスムージーなどが良いという認識が強くなってきましたが、酵素学の考えでもこれは良いこととされています。基本的に、人間のカラダは正午までは、浄化と排泄の時間だと定義づけられており、この時間に食べ物を摂取すると、浄化と排泄がうまくいかず、身体に毒素がどん蓄積していくので、不健康の方に向かい、代謝が落ちてしまうと言われています。出来れば正午までは、食べない方が懸命ですが、どうしてもお腹が空いたり、ふらふらするようなことがあるのであれば、新鮮なフルーツを食べることがおすすめです。

秘密テクニック5「加工食品は食べないようにする」




基本的に流通している加工食品は添加物まみれです。有名なところでいえば、600gの豚肉から1㎏のハムが出来たり、インスタントのとんこつラーメンのスープはとんこつスープを乾燥させて粉末状にしたものではなくて、化学調味料などを配合して、とんこつスープ様なものをつくっているだけです。

食品添加物は安価で中毒性があるので、使えば使うほど企業は儲かるような仕組みになっています。だから市販の大抵の食品にはたくさんの添加物が含まれています。そのような化学調味料や食品添加物といわれるものは、もともと自然界に存在しなかったものなので、身体はそれらをうまく消化したり排泄したりすることが出来ません。これにより、身体に毒素がどんどんたまっていき便秘になったり、慢性炎症を引き起こしたり、腸内環境を下げるといったことがらが起きてしまうのです。こうすると、もちろん不健康そうにみえますし、脂肪燃焼なども二の次になってしまうのです。

基本的には、上記のようなことに留意しながら、食事制限を行っていくと、身体は健康の方にシフトしますし、脂肪も燃焼し見た目もキレイに痩せる可能性がグッと上がってきます。ダイエット期間が半年程度あるような場合であれば、ぜひ行ってみてください。あくまでも、炭水化物抜きダイエットはどうしても結果が出ない場合の最後の砦くらいの感覚で捉えておいた方が無難です。

自宅で出来る花嫁ダイエットのおすすめ運動




ここまで、花嫁ダイエットするには、食事制限が重要ということをコンコンと述べてきましたが、やっぱりダイエットするには運動というカテゴリーも欲しいものですよね。

ダイエットをする時のコスパの高い運動といえば、ウォーキングやランニングになります。ですので、出来る範囲内でそのような運動を行って欲しいのですが、その時のポイントとして、大殿筋というお尻の筋肉を使って歩いたり走ったりすることです。

ただ、そんなことをいってもどうやって使えばいいのか解らないという方が多いと思うので、使いやすくなる事前運動を紹介しておきます。走る前に下の動画で紹介する、3種目を各50回を1セットずつ行ってみてください。お尻がキュッと締まるような感覚や、立った時にビフォーアフターで違う感覚がでるようなら正解です。

このような状態は、簡単にいうと、股関節が本来あるべき位置にあるといる状態なので、歩いたり走ったりする時の、出力筋になる大殿筋が効率よく使える様になるのです。そうすれば、ただ単純に走ったりするよりも消費カロリーがUPしますし、怪我のリスクなども軽減することが可能になってきます。ぜひウォーキングやランニングをする前は、下記のような運動を行ってから行ってみてください。






花嫁ダイエットまとめ




結婚式は人生で1番キレイになれる瞬間です。その瞬間をどのような形で迎えるかは、人それぞれですが、ジムに通う時間やお金がないからと、花嫁ダイエットを諦めるのは早計です。モチベーションは高い訳ですから、あとはどのようなエッセンスを取り込むかが重要です。

ただ単に痩せるだけではなく、あくまでもキレイに痩せる。これが絶対に大事なことなので、少しでも多くの情報を網羅して、自分に合った(又は合いそうな)ものをピックアップして色々チャレンジしてみてください。きちんとすれば、必ずきちんとした成果を手にいれることが出来ます。ぜひ、正しい知識の下に、花嫁ダイエットを行って、人生で1番キレイな状態で結婚式を迎えましょう。

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る