navis

体験トレーニング

スタッフブログ

トレーニングノート

食事

ダイエットの天敵!?内臓脂肪をつけてしまう7つの習慣


そもそも内臓脂肪とは?ダイエットの天敵の脂肪の種類とは!?




ダイエットといえば、タンパク質ばかり食べるなどの食事制限や、重いバーベルを持ち上げるトレーニングや、ランニングなどの脂肪燃焼などの、キーワードが浮かびますが、ボディメイクとしてのダイエットをされる方の1番の目的は、もの凄く単純に考えると、「脂肪を落として筋肉をつける。」若しくは、女性の方だと筋肉はそんなにいらないのでということで、「脂肪を落とす。」という風になるのでしゃないでしょうか。

脂肪は、一言で言ってしまうと脂肪ですが、三大栄養素の1つで、人間のカラダには絶対に必要不可欠なものですし、種類も様々な種類があります。例えば、「遊離脂肪酸」や「コレステロール」もあれば、細胞になって身体に蓄えられている「体脂肪」もあります。

この体脂肪は、皮下脂肪内臓脂肪に分けられます。(近年、異所性脂肪細胞というものがでてきましたが、これは割愛します。)皮下脂肪とは、皮膚の内側の脂肪で、この皮下脂肪は、いざというときに使えるようにエネルギーを貯蔵している、いわばサブタンク的な役割で、身体を保温するという重要な役目を担います。大抵ダイエットをしたい方が気にする脂肪がこの皮下脂肪になります。

一方の内臓脂肪とは、腹筋の内側に存在する脂肪で、定位置に内臓を保持したり、内臓を護る為のクッション材的な要素を担います。この内臓脂肪こそがあらゆる生活習慣病を引き起こす元となるとも言われています。内臓脂肪は代謝がドラスティックで、増えやすいが、減らすのも容易な性質を持ち、皮下脂肪は脂肪燃焼が遅いという性質を持ちます。単純に脂肪燃焼してスリムなカラダになりたいという観点からいうと、皮下脂肪を減少することこそがボディメイクに繋がると言われています。

肥満のダイエットにも繋がる内臓脂肪がつきやすいタイプとは!?




内臓脂肪はホルモンの影響などで、実は男性の方が蓄積する可能性が多いといわれています。女性のに比べると、男性の方が肉量が多いので、この筋肉のエネルギーとして内臓脂肪が多くなっています。女性はどちらかというと、内臓脂肪よりも皮下脂肪のほうが多くなるというデータがあり、これにより女性は外見的に丸みを帯びています。ただ、あくまでも男性に比べると内臓脂肪がつきにくいということであって、不規則な生活をしていると、男女問わず、どんどん内臓脂肪はついていくことになります。

それ以外に、内臓脂肪がつきやすい人は、学生時代などに運動をしていて、且つ運動をするためにもカロリー摂取が多かったかたで、今はやめて運動しなくなった人、カロリーに着目したり、炭水化物を摂らない食事制限を以前きっちり行っていてリバウンドした人、甘いモノやお酒が好きで、不摂生な食事を続けている人に多いとされます。

内臓脂肪がダイエットに良くない理由とは!?




ダイエットを抜きにして考えた時に、体脂肪をある程度蓄えることは、生きていく為には必要なものです。ただ、蓄積量があまりにも多くなると肥満状態になり、様々な弊害を引きこします。皮下脂肪でいくと、外見の変化や、汗をかきやすくなるのどの目に見えるカタチでの変化になるので、ある意味解りやすく対処しやすいです。

無論ダイエットの観点からみると、この皮下脂肪を減少されることが最大の要因ですが、内臓脂肪の蓄積というのは、健康面からみた弊害が大きくあります。この健康面の要因は一見ダイエットとは直接的な関係は薄そうですが、代謝や脂肪蓄積の観点からみると非常にダイエットとの繋がりが強くなっています。

内臓脂肪は、メタボリックシンドロームとの関係が非常に高くいと言われています。内臓脂肪は、皮下脂肪より燃焼しやすいメリットもありますが、逆にいうと血液中に流出しするということは、高脂血症の原因がUPします。そして、体脂肪の影響で血管をおさえつけてしまうので高血圧になりやすい性質があります。

血流の悪さはそのまま、基礎代謝減少に繋がりますし、各臓器の機能を低下させてしまう為、健康的な観点からみるともちろん悪影響ですが、ダイエット的な観点からも悪影響を与えてしまいます。

ダイエットとは逆効果!内臓脂肪を増やす7つの習慣!



運動不足はメタボの代名詞!




脂肪が増えるのは、単純に考えると、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが悪いということです。つまり、消費カロリーに比べて、摂取カロリーが多すぎるので、消費カロリーを高めることにより、内臓脂肪の蓄積を防げます。歩いたり走ったりするような、単純なエクササイズでも良いですし、筋トレなどの高強度な運動で、基礎代謝を増やすというのもおすすめです。これらのことをせずに、加齢と共に代謝が落ちていくのに加え、どんどん活動量が落としていけば、確実に内臓脂肪を増やすという結果に繋がってしまいます。

やっぱり太る!?甘いものの食べすぎ




糖分の種類にもよりますが、特に精製された砂糖や甘い飲料水によく含まれているような、果糖ブドウ糖液唐などのような甘味料は、分子構造がもの凄く頑丈で、分解するのに多大なエネルギーを使ってしまいます。これだけでも代謝が落ちてしまうので、脂肪蓄積は増大してしまいますが、そもそも加工された甘い物(糖分)は、基本的にすべて脂肪に変換して蓄積されてしまうので、内臓脂肪を増やすという結果に繋がってしまいます。

食品添加物の摂取はダイエットの天敵!?




食品添加物とは、保存料や着色料などが有名ですが、食品を加工する時に、安価に仕上げたり、効率的に製造するための目的で使われているものです。中には天然のモノも含まれていますが、ほとんどが科学的に格安で生成されているものです。原料自体に発がん性物質が疑われていうものも少なくありません。これら食品添加物を大量に摂取していると、内臓機能が低下し基礎代謝がさがってしまいますし、自然界で生成されたものではないので、分解等に手間がかかってしまったり、デトックスしきれずに体内に蓄積し、さらなるカラダの悪循環を招いてしまい、内臓脂肪を増やすという結果に繋がってしまいます。

麻薬より依存度の高いグルテン!




グルテンフリーという言葉を聞いたことがあるかと思います。農業革命後の小麦のグルテン含有量は数倍に膨れ上がり、現在の小麦は非常にカラダに悪影響を与える食べ物といわれていいます。この影響により、太りやすくなる、イライラしやすくなる、糖尿病になりやすくなる、脳梗塞や心筋梗塞のリスク上昇、そして何より、麻薬並みの中毒性があるといわれています。パンをどうしてもやめられない女性は多くいますが、それはこの中毒性の影響です。そして、パンの中には乳化剤やトランス脂肪酸などたくさんのカラダに悪影響を及ぼす物質を含んでいるので、内臓脂肪を増やすという結果に繋がります。

やっぱりお腹周りの脂肪はお酒が原因!?




中年の方がそうであるように、お酒は内臓脂肪が増えるイメージがまずあります。ビール腹という言葉があるだけに、ビールは内臓脂肪を増加させる主たる原因の1つです。ビールの原料にはそもそも麦が使われいますし、モノによっては(特に発泡酒や第三のボールと呼ばれるもの)遺伝子組換えのトウモロコシが使われています。以前社員旅行で某ビール会社の工場見学に行った時に、工場内を案内してくれたお姉さんに、発泡酒や第三のビールの健康に与える影響を質問した時に、こそっと「飲まない方がいいです。」と、教えてくれました。他の添加物などと同様に身体に悪影響を及ぼすので、内臓脂肪を増やすという結果に繋がってしまいます。

やっぱり夜食はダイエットの天敵だった!




夜食を摂取すると太るというのは本当で、自律神経の影響でこれが起きてしまいます。食事をとること自体は人の目をさます働きがあります。空腹では眠れないですが、少し食べた程度では目が覚めます。そして、満腹になれば眠くなるのでついつい食べ過ぎを誘引してしまいます。過食に陥り、脂肪をため込みやすくなってしまうので、内臓脂肪を増やすという結果に繋がってしまいます。

ストレスは過食の原因!?




ストレスは万病の元とよくいいますが、脂肪蓄積の元でもあります。脳がストレスを感じると、大脳辺縁系という部分が興奮し、大脳辺縁系が興奮することで、神経伝達物質にも様々な変化が起きます。いくら食べてもお腹がいっぱいにならない、つい食べ過ぎてしまうということが起きてしまいます。これが、内臓脂肪を増やすという結果に繋がってしまいます。

ダイエットの天敵である内臓脂肪を落とすには!?




内臓脂肪を減少させるのに1番手っ取り早いのは、ジョギングなどの有酸素運動を行うことです。エクササイズスタートした後、血液中の糖質や筋肉に蓄積しているグリコーゲンが主要な燃料となり、しばらくすると血液中の遊離脂肪酸が使われる割合が多くなってきます。血液中のエネルギー源が不足すると、カラダは体脂肪を燃焼し始めますが、皮下脂肪より内臓脂肪をどんどんエネルギーに変換して消費していきます。

内臓脂肪をつけてしまう要因など色々と紹介しましたが、内臓脂肪は有酸素運動などで案外簡単に燃焼することが出来ます。前述したように、脂肪には普通と定期の預金のような特徴があるので、ダイエットを目指すには、まず普通預金である、内臓脂肪を落とすことが必須です。そして、普通預金なので、簡単にまた貯めることが出来てしまいます。貯め込みすぎないように、どんどん消費していけるようにという2つの観点から、内臓脂肪をつけてしまう7つの要因を意識しながら、日常生活を過ごしてみてください。その意識を変えるだけで、カラダは確実に良い方向に向かっていくはずです。

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る