navis

体験トレーニング

スタッフブログ

トレーニングノート

トレーニング

日常動作で効果絶大!!太ももダイエット!!その方法とは!?



「胸が大きい女性」 と 「脚がキレイな女性」 男性はどちらのタイプが好みか!? というアンケート調査の結果、60%の男性が脚がキレイな女性の方が良いと回答したそうです。ひと昔前までは、女性の魅力の象徴は胸だというイメージがありましたが、最近は女性も男性も美脚に比重を置いているようです。

芸能人で美脚だと思われる女性としてよくあげられるのが、菜々緒さん・長澤まさみさん・ローラさん・桐谷美玲さん・ベッキーさんなどでしょうか。脚のラインもさることながら、皆さんとにかく脚が細いですね。

ただ、この太ももがあまりにもガリガリまで痩せてしまうと魅力的ではないと捉える方も結構多いみたいです。では、どの位の太ももの細さが魅力的な太ももの細さなのかというと、一般的に、”太ももの理想の周囲長 = 身長 × 0.3”  という数字だと言われています。ぜひ、一度自分の太ももが理想の太さかどうかを、メジャーを使って計測してみてください。この計測した値の差が大きく細くしたいようであれば、太ももを細くする考察を以下にまとめいますので参考まで。

そもそも太ももが太くなってしまう理由と原因とは!? 1番はやっぱり筋肉太り!?




太ももダイエットが悩みとなっている方のカラダをみていると、筋肉太り・むくみ・脂肪の蓄積の3点が主な原因となっています。なぜ太ももが太くなってしまうのか。その原因は詳しくみていきましょう。

太もも筋肉太り




太ももダイエットしたいというニーズの女性で、最も多い太くなってしまう原因が筋肉太りです。その中でも群を抜いて多い原因が、太ももの前側と外側が筋肉の過度な発達により太く見えてしまうことです。

これらの筋肉が太くなってしまう原因は日常的にその部分を過剰に使う習慣があるためです。本来であれば、日常生活の基本動作の、立つ、座る、歩くの3つの動作は股関節を使う必要がありますが、3つの動作を膝中心に行ってしまうことで太ももの前側や外側を使うことになります。

学生時代に膝中心に動作をしていた方が、バスケットボールやバレーボールなどジャンプ動作(下半身への強度の高い)の多いスポーツをしていた方は、太ももの前側や外側が凄く発達していることが多く見受けられます。

太ももむくみ太り




仕事の影響でやむを得ず、立っている時間が長い、座っている時間が長い人は、むくむことが非常に多く、出勤前と出勤後で、靴を履いた感じが全然違うという方は、むくみが原因で太ももが太くなっている可能性大です。

私たちのカラダは、心臓がポンプの役目を担っていて、動脈で血液を体中に送り出しており、体内で栄養分などの受け渡しをした後、静脈を通して心臓に戻り再び、またカラダの中を巡ります。これが、何かの因果関係で、静脈の中を血液がうまく通わず、老廃物が滞ってしまうのがむくみという状態です。静脈の流れが悪くなる原因は、運動不足・塩分過多・冷え・慢性炎症などがあげられます。

太もも脂肪太り




飲み会ばかりとか甘いモノばかり食べている。基本的に座り仕事でカラダを動かすことがほとんどない。といった生活習慣では脂肪太りという現象がおきやすいです。しかし、筋肉太りに比べると脂肪さえ燃焼してしまえばいいので、割と簡単に落とすことができます。食生活を良くしたり、きちんとしたエクササイズを行うと割りと簡単に太もものダイエット達成が可能です。

ただ、セルライトというものが多くあると少し厄介だと言われています。このセルライトというものは、皮膚をねじると、表面に凸凹が浮かぶアレです。セルライトが出来る原因は、甘い物やカラダによくないようなものをたくさん食べ続けたり、全く運動しないということで、脂肪が増加しすぎてしまうことにより、血管の圧迫が起こるので、血液の流れが阻害され代謝が下がります。

そうすると、脂肪細胞に酸素や栄養分がうまく行きわたらなくなり、脂肪細胞が硬くなっていき、さらに脂肪細胞は水分や老廃物を引き寄せる性質があるので、さらに大きくなってしまいます。このように、大きく硬いものに変化して、皮膚の表面状に浮き出てくる、ボコボコとした塊は脂肪細胞であり、セルライトと呼ばれるものです。

太ももダイエットの必須知識!!太もも太りの共通点とは!?




筋肉太り・浮腫み・脂肪蓄積、このすべてに共通してあるもの。すなわち、太ももダイエットの為に必ず必要なものは、「股関節を適正化」 と 「股関節を支える筋肉であるお尻と内ももを日頃から正しく使えるようにする」 です。

この2つは、太ももダイエットを実現する為には欠かせません。この2つを行わなければ日常動作を改善するのは困難となりますし、この過程こそが太ももを筋肉で太くしない近道であり、細くするためにも必要なプロセスとなります。太ももを 「キレイに痩せる」 「キレイに引き締める」 ためには太ももだけにフォーカスして筋トレやストレッチをしてもうまくいかないことは、必須知識として覚えておいてください。

脚の適正化により日常動作で太ももダイエットを目指す!!




太ももダイエットには股関節の適正化が必須ですが、ただ股関節のみにフォーカスしても股関節の適正化は実現しません。脚は足部・足関節、股関節、膝関節から構成されているので、脚全体のバランスをみる必要があります。太ももを細くすることを実現させるためにはこの3つの部位の適正化が不可欠で、これを適正化すれば脚のラインが真っすぐになり、女性が憧れる美脚へと近づきます。

太ももダイエット(ストレッチ編)




この 「太もも痩せ」 に必要な3つの適正化にはストレッチが必要不可欠です。脚のラインは筋肉の硬さ、筋力などのアンバランスによって崩されてしまっています。日常動作で使いすぎている太ももの前側、外側や太ももの裏や内ももは硬くなっている可能性が高いのでストレッチやリリース(筋力を緩める作業)が必要となります。

このようなストレッチやリリースにより各筋肉の長さのバランスが適正となり、筋肉の長さが整ったところでようやく太ももダイエットのための筋トレを行える状態となります。

太ももダイエット(筋トレ編)




いくら筋肉太りがあっても 「太もも痩せ」 に最も欠かせないのが筋トレです。筋肉太りは誤った骨格ラインが整っていない状態、誤った脚の使い方を行ったために引き起こす問題であり、骨格ラインを整えて、正しい使い方で行う筋トレは美しい脚を作り上げる最も有効的な手段です。

フィーチャーするべき箇所は、深層外線六筋・内転筋・半腱半膜様筋・内側広筋・腓腹筋内側・腓骨筋になります。まずはこれらの筋肉を個別に筋トレし、活性化させます。活性化させ、その後これらの筋肉を日常生活の動きに適応させなければいけません。

つまり、重力下でこの全ての筋肉を連動させてコントロールする。これが引き締まった太もも、美脚を手に入れるために必要な最終段階です。「太もも痩せ」 「美脚」 のプロセスを理解し、それを実行できるようになり、その動きを日常的に反復し刷り込んでいくことで無意識にコントロールできるようになります。

そこまでもっていくことが出来てはじめて、今まで叶わなかった 「太もも痩せ」 が実現するはずです。太ももダイエットや美脚などを手に入れる為に魔法のトレーニングはありません。基礎部分からしっかりと丁寧にストレッチと筋トレを行って、バランスよく意識的に使えるようになって日常動作に落として込んでいく。このプロセスをしっかりと行い、日常動作で最大の効果をあげていきましょう。(ストレッチや筋トレの詳しい方法などは、下記ページ参照。)

https://navis-web.com/bikyaku/

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る