navis

体験トレーニング

スタッフブログ

トレーニングノート

食事

水はダイエットの源!厳選おすすめウォーター3選!



ダイエットをする上で水は重要だと定義されています。カラダの60%は水分でできているので、それを考えただけでもその意義が解ります。カラダの60%が水分で出来ているということは、体重40kgの女性であれば、約24リットルもの水分を体内に蓄えていることになります。

この体内を循環する水分(体液)は、腸から吸収され、血液などの体液となって全身をたえず循環しており、この体液は、生命に関わる様々な役割を果たしています。例えば、酸素や栄養分を細胞に届けたり、老廃物を尿として排泄したり、体温が上がったときには、皮膚への血液の循環を増やし、汗を出して熱を逃がし、体温を一定に保つような働きをしています。

体液はこのような働きによって、私たち人間の身体の中を循環し、生命を維持する役目を担っていますが、水太りをしたりむくみになるので、ダイエットにならないから水を飲まないようにしているという方も中にはいらっしゃいます。でも実はそのようなことをすると、カラダの機能が低下し、代謝が落ちてしまいダイエットとは逆効果になってしまう可能性が非常に高いです。(水を飲んだ方がむくみが改善する方もいらっしゃいます。

きちんとしたダイエットをするには正しい知識が必要です。水は毎日確実に必要なモノなので、健康を維持しながら効果的にダイエットをする為にもカラダの60%を占める水分に関してきちんと理解していきましょう。

健康維持には1日どの位の量の水を飲んだらいいのか!?




これには諸説ありますが、ダイエットの観点からみても水は、体重÷30の量の水を毎日摂取することを推奨しています。具体的にみてみると、

体重40kgの場合は、40÷30=1.3ℓ

体重50kgの場合は、50÷30=1.7ℓ

体重60kgの場合は、60÷30=2ℓ

という計算になります。よく「ジュース=水分」「お茶=水分」と、勘違いしてしまいがちですが、基本的な考えかたとしては、「水=水分」という風に理解しておいてください。

例えば、水分をしっかり摂取しようとして、糖分の多い清涼飲料水を何ℓも飲んでいると、ペットボトル症候群と呼ばれるような急性の糖尿病になってしまったり、ペットボトルのお茶を何ℓも飲んでいると(お茶にも20種類以上の添加物が含まれているので)カラダの代謝を下げてしまうなどの代償がでてしまいます。

ダイエットなど痩せるという面からみてもよくないですが、カラダの健康的にも悪い成果がでてしまいます。ですので、基本的に水毒などで水が飲めないような方を除いては、上記の摂取目安はすべて水でのカウントだということを覚えておいてください。

因みに、1回に摂取する量はコップ1杯分が理想で、こまめに摂取することがおすすめです。尿が黄色いようであれば、それは水分不足です。常に透明の尿がでることを目標にしましょう。

水がダイエットに効果的な理由とは!?




カラダに水分が足りていないと、カラダの機能が低下して代謝が下がり、ダイエットには良くないというイメージは何となくあるでしょう。水をしっかり飲むことによってどのようなメリットがあるかは以下の通りです。

基礎代謝アップでダイエットしやすいカラダに




水をしっかりと飲んで、血液の循環を良くすることによって、基礎代謝がアップしカロリー消費をアップしてくれます。つまり、きちんと水を飲む習慣が身についてくると脂肪を燃焼しやすいカラダに変わってくるということです。また、食前に水を飲むことによって、ある程度の満腹感も得られるので、食べ過ぎを防ぐダイエット中のサポートにもなってきます。この場合、白湯などを飲むと胃が活性化し、機能的に働いてくれるので、ダイエットの観点からみてもおすすめです。

内臓の働きをサポートし健康的なカラダに




肝臓は血液の毒素を解毒する働きをもつ重要な器官で、この肝臓の働きを高めるためにも水が重要になってきます。しっかりと水を飲むことによって、肝臓にたまった毒素排出に役立ち機能回復の助けになります。また、胃もたれがある時などには水を飲んで、過剰に分泌された胃液を薄め、胃もたれをやわらげることも出来ます。胃腸や肝臓はダイエットの観点からも重要な器官です。これらの機能を高める為にも水は重要な役割といえます。

デトックスで浄化し機能的な身体に




便を体外へ排出するためにも適度な水分がなくてはならず、必要な水分がない場合便が硬くなり排出しづらくなってしまいます。こうなると、大腸の中に老廃物が溜まり、便秘を招いたり、慢性炎症を招くことになってしまいます。しっかりと水を飲むことによって、大腸の中でも結腸からきちんと水分が吸収されるため老廃物の排泄に必要な水分が保たれます。(デトックス効果)老廃物をきちんと排出できれば、カラダの代謝があがり、細胞の生まれ変わりも活発になります。

ダイエット以外に水がもたらす嬉しい効果とは!?




水がもたらす効果には、ダイエットだけではなく、色んな嬉しい効果が期待できます。水をしっかり摂取して、健康的で元気なカラダを手にいれましょう。

肌の潤いが増すなどの美肌効果




カラダは生命維持を最大の目的となるようにインプットされているため、カラダが水分不足に陥った時に、水分の供給を1番最初にストップするのが肌の細胞です。肌がかさかさになっても生命に危機はないので、まずここへの供給をストップします。良質な水を細めにしっかり摂取することによって、肌の状態は格段にアップするので、美肌を目指すには基本中の基本となります。

頭の回転を良くするなど脳の働きアップ効果




脳は組織の85%が水分によって占められています。しかも、カラダ全体の血液供給量の20分の1を使用すると言われているので、水分は必須となります。水不足などの脱水症状に陥ると、脳内のエネルギーレベルが低下し慢性疲労症候群などのような病気にもなりかねます。しっかりと水分を摂取することにより脳の働きがアップするので、しっかり水分を摂取して健康的なダイエットに繋げていきましょう。

血液の循環を良くして高血圧の予防効果




水を全く摂取せず、水分はコーヒーとお酒だけという方は、水分不足により血液がドロドロになっていることが少なくありません。当たり前ですが、血液がドロドロになってしまうと血液循環が悪くなってしまうので、血圧を高くしなければいけなくなります。心臓に負担もかかりますし、そこにエネルギーをとられてしまうと脂肪燃焼にエネルギーが向かわず、ダイエット的にも良くありません。しっかりと水を摂取して無駄にカラダに負担をかけないようにしましょう。

ダイエットにおすすめ!厳選ミネラルウォーター3選


日本の市場には国内産から国外産まで色んな種類のミネラルウォーターが流通していますが、ミネラルやカラダに有害な物質が含まれていないかなど、色んな観点から考えて厳選したミネラルウォーターは以下になります。

クリスタルガイザー




カリフォルニア北部にある国立公園シャスタ・カスケード・リージョン。太古から守られ続けている自然環境のマウント・シャスタで、太古から育まれてきた大自然の形を崩さぬよう採水されているのがこのミネラルウォーターです。日本人にも合う軟水で、癖もなく長く飲んでも飽きない水です。市場でも割と流通しているので、手に入りやすいのえダイエットにも活用しやすい水です。並行輸入で白キャップのクリスタルガイザーがありますが、こちらは採水地が違いますのでご注意ください。

ヴィッテル




フランス東部、ヴェージュ山脈の麓の水源保護地域から生み出されるヴィッテルは、硬水になるますが、除草剤・差駐在といった化学薬品の使用を制限急いた農法の指導や、地質への影響を考慮した家畜数の制限をはじめ、万が一、事故で流出したガソリンが土壌を汚染する危険を回避するためアスファルト道路の下に特殊シートを敷くなど、水源地域の環境を驚かすリスクには徹底対応している水です。市場に殆ど流通していないので、ダイエット時に頻繁に摂取は難しいですが、硬水がカラダに合う方にとってはおすすめのミネラルウォーターです。

エビアン




フレンチアルプス北麓に降りそそぐ雪や雨が氷河期に形成された地層(天然のフィルター)を流れていきます。1年に約250メートルというゆっくりとした速度で、約15年の歳月をかけて流れる為、有害なものは取り除かれ、地中から多くの天然ミネラルを貯えた硬水になります。地中深くを旅して磨かれた水は、厳しく衛生管理されたエビアンの工場で、一瞬たりとも外気に触れることなく採水地で瞬時にボトリングするので、ミネラルたっぷりの水になっています。市場にも流通しており、購入可能なコンビニもあるので、硬水がカラダに合う方であれば、ダイエット時におすすめのミネラルウォーターです。

近年はカラダの良いとされるミネラルウォーターなどがたくさん出回っていますが、残念なことにミネラルがまったく入ってないものや、有害物質が入っているものなど色んなモノがあると言われています。

地域によりますが、水道水を浄水して飲んでいる方がまだカラダに良いということもありますので、ご自身のカラダと相談しながら飲んでみるのがいいかと思います。健康維持の観点からも、ダイエットの観点からみても水は状に重要なモノです。

一概にはいえないですが、水で太るといった現象や、むくみなどの現象は、水の質が悪いから起きていることもあります。毎日摂取するものだからこそ、品質の良いモノや自分のカラダに合ったものを飲み続けることを強くおすすめします。

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る