navis

体験トレーニング

スタッフブログ

トレーニングノート

トレーニング

発育発達の流れに沿ったコアトレーニングでダイエット!



コアトレーニングを活用して、腹筋トレーニングを活用して、インナーマッスルを鍛えてのダイエットなど、メディアや雑誌などで、お腹周りの筋トレが注目を集めています。このコアという言葉ですが、日本語でいうと核という字で表し、中心という意味があります。中心をどれだけ、狭義でみるか、広義でみるか。またどこを中心とみるかなどに多少ズレがあり、色んな団体・施設によってコアの定義は異なります。今回は解りやすくする為にも、コア = お腹 (インナーマッスル)という定義をして話を進めていきたいと思います。。

時代の変化による現代人のインナーマッスルの現状とは!?




西洋の考え方では、全ての動作において、必ずコア(インナーマッスル)に力が入ってから動作が起きるという風に言われています。これが上半身稼動の際はは0.03秒前で、下半身稼動の際は、0.11秒前に大幹、取り分けコアに力が入るといわれています。

今の30歳以下の方達、特に大都市圏で育った方達は、生活環境や住宅環境の変化によって身体活動が一昔前に比べると大きく変化しています。トレーニングマシンを使ってなどの、西洋的な先進的なトレーニングは浸透してきていますが、昔ながらの遊びや生活の中で培われていたコア(インナーマッスル)の発達が、公園での遊具の撤去やボール遊びの禁止、不整地歩行の減少、洋式トイレやベッドの普及等で培われにくい環境になってしまっており、それに比例するかのように、コア(インナーマッスル)がどんどん使えなくなってきています。

メディア等ではその代償として、真っ直ぐ走れない子どもや転んだ際に手がつけずに顔からついてしまう子ども、何気ない日常で骨折してしまう子どもたちの増加が報道されているが、それはまさに身体の土台である、コア(インナーマッスル)が出来上がっていない為だと考えられています。

子どものコア(インナーマッスル)の現在の状況は!?




文科省で学童期の子どもが実施している体力テストは、実は一時期低くなっていた約10年前よりも向上してきている傾向にあります。それはなぜかというと、運動能力低下が叫ばれあじめてから、親御さんの「運動をさせないといけない」という心に火がついて、サッカーや野球といったようなスポーツクラブに子どもを通わせる割合が増加したからだと思われますが、その各スポーツの指導者たちに独自に聞いてみたところ、「細菌の子どもたちは確かに単一的な運動能力はあがっているが、カラダのバランスが悪い子が増えて、今までなかったような怪我をする頻度が増してきた」との返答がありました。

つまり、身体のファウンデーションである、コア(インナーマッスル)が普段の生活の中でトレーニング出来ていないので、スポーツを始めた子どもは、言ってしまえばそのスポーツのための動き、すなわち偏った動きしかしないため、不自然な体の動かし方となり、身体バランスが悪化したり、怪我につながったりということが推測されています。

現代人の状態を考慮した、インナーマッスルトレーニングとは!?




では、そのような身体の土台が構築出来てない現代人がどのようにしたら、効果的にコア(インナーマッスル)のトレーニング出来るのかというと、成長する上で欠かせない発育発達の流れに答えがあります。

誕生して1年の歳月をかけて、「泣く ~ 立つ」という一連の段階を踏んで成長していきます。この発育発達の流れは、遺伝子的にプログラミングされており、発育発達の流れの各段階にはそれぞれ特徴があって、骨格・関節・運動神経・筋肉などを段階的に成長させるものとなっています。

つまり、しっかり立つこと(良好な姿勢をつくり)、正しく動くことはもとより、色んなトレーニングをする時にも、この発育発達の流れは欠かせないもので、カラダの土台であるコア(インナーマッスル)をつくるのに、うまく出来ないなどの不具合が生じてしまった場合などには、発育発達の段階を踏まえてトレーニングしていくことが重要になっています。

インナーマッスルトレーニングの効果がでにくいタイプとは!?




インナーマッスルがうまく機能してない方には、以下のような特徴があります。もし当てはまる時は、そのまま腹筋や各種トレーニングを行ったところで効果がでにくい場合がありますので、インナーマッスルの感度をあげてからトレーニングすることがおすすめです。

コアが効いてない人とは!?声が小さい人は要注意!




発育発達の流れでみた時に、1番最初にくるのは、泣くという行為です。つまり生まれて最初のコアトレーニングとは、実は泣くという行為とえいます。「赤ちゃんの仕事は泣くこと」という話は耳にタコですが、コアトレーニングの観点からみてもこれは重要なことで、しっかり声をだして泣いてないと、コアは効いてない可能性が高くなり、声も小さくなります。

小さいころを思い出してみてください。小さい声の子はあまり運動神経がよくなかった子が多かったはずです。これは、コアが効いてないことにより、身体の操作性が低くなってしまうので運動能力自体も低くなってしまうからです。もし、あなたの声が小さいようであれば、コアが効いてない可能性が高いので、しっかりとしたコアトレーニングが必要になってきます。

腰痛のある人は!?コアが効いてない可能性も!




腰が痛くなる理由たくさん存在しますが、その要因の1つにコアの安定感が低いことがあげられます。エビデンス的にこれというものはないのですが、実際にコアの使い方を学んで安定感をだすと、以前より腰痛が改善したという言葉もよく耳にします。

よくコアはコルセットみたいに例えられますが、まさにそうで、腹横筋や多裂筋や骨盤底筋郡に刺激をいれて、包括的に腰を安定させるのが肝要です。コアが効いてなくて、腰周りの安定が悪く腰痛が出ているような人であれば、これで改善する可能性は十分にあるといえます。

コアが効いてない方がインナーマッスルを鍛えるポイント!




コアが弱いとか、効いてないからといって、がむしゃらに腹筋の筋トレを行ってもインナーマッスルと言われる、内在筋を鍛える(使える)ようにしないと一向にインナーマッスルは使えず、くびれのある腹囲をつくることは出来ません。腹筋やコアなどをしっかりと鍛えて成果をだしていくには、発育発達の流れに沿って段階ごとに鍛えていく必要があるのです。

発育発達の流れでいくと、仰向けの状態で腹横筋などのインナーマッスルが使えてないと、それ以外の動きでインナーマッスルを使うことは出来ません。一般的にドローインやブレーシングと呼ばれるような、お腹を膨らませたり、縮めたりする動きですが、下の動画を参考にして行ってみてください。この動きをしっかりとマスターすれば、お腹周りのダイエットにも効果的なので一押しです。



 



 

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る