navis

体験トレーニング

スタッフブログ

トレーニングノート

トレーニング

ふくらはぎがつる原因とずっと痛い時の対処法とは!?



ランニング、トレーニング、仕事中などにふくらはぎがつって、動けなくなったという経験は多くの人があるのではないでしょうか? そもそも、ふくらはぎがつるという現象は何故起こるのでしょうか? 今回はその原因と治ったけど違和感がある、ずっと痛いと感じる時の対処方をお伝えしていきます。

そもそもふくらはぎがつる原因とは!?




大きく分けると、ふくらはぎがつる原因は以下の3つに分けることができます。

① 水分不足

② 疲労

③ 冷え

この3つの理解があれば、ふくらはぎがつることに関しての対応が容易なので、少し掘り下げていきたいと思います。

ふくらはぎがつる原因 ① 水分不足




水分不足とはどんな状態かというと、人の身体には多くの血管があり、その中を血液が流れており、水分が不足する事によって、血液の循環が悪くなり、老廃物や疲労物質といったものが上手くろ過されずに体外に出ていかなくなります。本来は、こういった老廃物や疲労物質は汗や排尿によりカラダの外に出て行きますが、水分が足りなくなる事によって、発汗しなかったり、排尿が少なくなったりします。

ふくらはぎがつる原因 ② 疲労




疲労は水分不足にも関係してきますが、血液の循環が悪くなると、どんどん疲労物質が体内に溜まり、脳から受ける指令が上手く伝わらないという現象が起きてしまいます。こうなると、筋肉が滑らかな動きが出来なくなり誤作動を起こしやすくなり、これが、ふくらはぎがつるという現象を引き起こします。

ふくらはぎがつる原因 ③ 冷え




冷えがつる要因になるのは、疲労と同じように筋肉が誤作動を起こしている状態です。例えば、ゴムを冷やした後に伸ばすと切れたり、上手く伸びません。逆に、冷えたゴムでも少し温めるなどしてあげると本来の柔軟性を取り戻すことが出来ます。筋肉も同様で、寒い所で柔軟をせず、筋肉の温度が上がっていない状態で急に動き出すとつりやすくなります。また、一般的にこれが起こり易いのは寝起きです。就寝時は、副交感神経がメインなので、普段の活動中の体温よりも低くなります。その為、朝起きてベットから立ち上がろうとした際にふくらはぎがつるという事が起きるんですね。

ふくらはぎがつる時や、ずっと痛い時の対処法とは!?



水分不足時の対処法




水分が不足している場合は、シンプルに水分補給して下さい。当たり前の事をいうなと、突っ込みを受けそうですが、ただただ、水を飲めばいいという訳でもないんです。体内の水分は細胞内液、細胞外液とう二種類のものがあり、内と外の液の濃度を調整することが不可欠です。ただの水だとこの濃度が薄くなり過ぎてしまいます。

ポカリスエットやH2Oといったスポーツドリンクを飲む事で足りないミネラルやカリウム、ナトリウムといった、つっている状態に必要な栄養素を摂取しやすい為、こういったスポーツドリンクを水で割り、5~15度の温度で摂取すると体内に吸収されやすいためおすすめです。ただ、糖分という点からみると、これらのような清涼飲料水含有の糖分は良いものでないので、もしそれが気になれば、蜂蜜やレモンや塩などで浸透圧の高いドリンクをつくることが可能です。ぜひ、健康に気をつけられている方は、試してみてください。

疲労時の対処法




疲労が原因でふくらはぎがつっている場合は、先ほどもお伝えしたと思いますが、疲労物質が溜まってしまい、筋肉と脳の間で誤作動が、上手く筋肉が滑らかな動きがない事で、つるような事が起こります。こうならないようにする為には、疲労を溜めない為の予防と溜まってきた場合はどのように抜くことが肝要になります。

これをする為には、基本的には、ストレッチやお風呂で身体を温める事が大事になってきます。また、睡眠や自分がリラックス出来そうなことをしても副交感神経がメインになってカラダが緩みやすくなります。お風呂では、36~38度位の気持ちぬるい温度で、いつも浸かっている時間より、気持ち長い時間浸かるとリラックス効果+疲労回復に効果があります。入浴時に柑橘系の香りがする入浴剤などを入れると、身体の内側だけでなく、嗅覚からもリラックス効果が出てきますので、お試しください。

身体が冷えてる場合の対処法




冷えが1番の原因で起きている場合は、冷たいものを大量に摂取しない。取る時は先ほどもお伝えした、5~15度位で抑えておいて下さい。冷えは、外的な要因、内的な要因と外からも内からも身体が冷える可能性があります。例えば冬場に衣類を身につけず、布団から足を出して寝ていると外側から冷えてしまいますよね?内側で言えば冷たいものを飲み過ぎたり、食べ過ぎたりすると腹部から冷えて末端にいく時にも冷たい血液が流れてしまいふくらはぎまで、きてしまいます。腹部からの冷えを抑える為には、普段から腹巻などを使うとお腹の内側から温まるので、オススメです。

ずっと痛い場合の対処法




ふくらはぎがつって、ずっと痛みが続く場合には、つった時に以下のような行動を取っていないかを考えてみてください。何かの拍子に脚がつったら、コールドスプレーや、アイスノンなどで患部を冷やしていませんか?つったと思った時に伸ばす方向を逆にしていませんか?(例えばふくらはぎがつった場合、つま先を身体前面に向かって引き上げるのですが、間違って、下に下げてしまうと痛みが増してしまい、痛みが残る原因にもなります。)つった後すぐに患部のマッサージをしていませんか?つるということは、筋肉が極度に硬直して縮んでいます。その時に患部をマッサージしてしまうと、より、患部の筋肉が収縮を起こし、痛みが出てしまいます。どうでしょうか?思い当たる部分がある人も多かったのではないでしょうか?これに関しては、つった時、ずっと痛いと感じる時には禁忌時効になっていますので十分に注意してください。

ふくらはぎがつる原因のまとめ




ふくらはぎがつるとか、身体のどこかの部分がつるということは、少なからず身体の状態が低下しているということです。上記のような、行為行動は基本的には対症療法になります。対症療法ということは、一時的に収まっているだけなので、何かのタイミングで、また症状がでる可能性が非常に高くなります。このような、つるという症状がでないようにする為の一番気をつけるべき点は、カラダを動かす・カラダを休める・カラダに必要な栄養を摂るです。もし、この三原則を行っているのに、足がつるという方がいらっしゃるようなら、食事の内容や運動の内容に関して何か間違えている可能性が高いです。もし、ふくらはぎなどがつることが多く、困っているようであれば、1つ1つ原因を探ってみてください。必ず原因がどこかにあるはずです。

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る