パーソナルトレーナーブログ

春はお米を食べましょう!

 

みなさま、こんにちは!

パーソナルフードトレーナーの品川です。

今日は子ども達の入学式です。

今年は真ん中の息子が高校生、末っ子が中学生になりました。

 

そんな卒業・入学のお祝いシーズンに食べることの多い「お赤飯」

今日はお赤飯を含めたお米のお話しをしたいと思います。

 

薬膳・中医学的にみるとお米は「氣」を強めると言われています。

「氣」という漢字には「米」が入っていますよね。

昔からお米には気が宿り、食すことで気を養いパワー・エネルギーになるとされているのです。

 

春は気を使いやすく、気が滞りやすい季節です。

元気がない、やる気が無い、気が散る、気疲れ、気落ちなど

「気」にまつわるトラブルが起きやすい春。

 

そんなときはお米を食べて気を養いましょう!

普段良く口にするお米は「うるち米」と言い、身体を熱くも寒くもさせない「平性」なので毎日食べても大丈夫です。

しかし「もち米」は身体を温める作用のある「温性」になるので身体が冷えやすい人には良いですが、

暑がりな人やにきびや湿疹の出やすい人、便秘症の人や授乳中の人は控えたほうが良いです。

お正月にお餅を食べる風習は寒さから身を守るためでもあるんです。

 

お赤飯の小豆は利尿作用があり、むくみ予防になります。

豆は栄養も豊富でデトックス効果もあります。

 

私たち日本人は小麦よりもお米が合う体質にできています。

主食をパンからお米にするだけで体調が良くなるとも言われています。

昨今の糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットなどでお米を食べない人が増えていますが、

お米はしっかり食べてください!

 

お米のこと、食事のことなどご質問がございましたらぜひ品川まで!!