パーソナルトレーナーのブログ【navis(ナビス)】

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

京都っ子の疲労回復促進課

新年度

こんにちは、中多です!!

早いもので、もう4月に入りましたね。

4月に入ってから、電車でよく新入社員なんだろうな・・・

という、男性や女性を目にします。

3月から4月にかけて環境の変化などが訪れ、ワクワクやドキドキもあれば、

不安な気持ちを抱えている人も多いのではないでしょうか?

それがきっかけで、5月病なんてこともあるのではないでしょうか?

そこで、今日は自律神経を整えるには、何が必要かを伝えていければと思います。

① 深呼吸
一番手軽にできるのは深呼吸です。

場所も時間も選ばずに出来、呼吸は、息を吸う事で交感神経が働き、

息を吐くと副交感神経が働きます。

 

腹式呼吸の行い方。

・鼻から息を5秒程かけてゆっくり吸い、お腹に息が入ってくるようにお腹を膨らましていきます。

・口から息を7秒程かけてゆっくり吐ききり、下腹部に力が入るようにへこましていきます。

お風呂を利用して、リラックス。
・38~40度のぬるめ湯に10~20分程度つかり、寝る1時間前にお風呂から出る。

睡眠
不規則な生活は自律神経を乱したり、睡眠の質を落としてしまいます。

朝起き、カーテンを開け、太陽の光を浴びる事で、セロトニンが分泌され寝起きを良くしてくれます。
※セロトニンは、自律神経のバランスを取り、脳を覚醒させる役割を持っています。

自律神経が乱れると、めまいやイライラ、頭痛、倦怠感などの症状が出てきます。

体に症状が表れる前に、日頃からストレスを溜めないように自律神経を整えていきましょう。

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る