パーソナルトレーナーのブログ【navis(ナビス)】

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

navis撫子の日々雑感

夏の終わりと身体作り

こんにちは!!

navis パーソナルトレーナーの大竹です!!

本日は近畿地方がとてつもない台風でどこの施設も営業していませんでしたね。

皆様はお怪我の無いように過ごせましたか?

話は変わりますが、ついに・・ついに・・・平成最後の夏が終わってしまいました・・・

皆様今年の夏はいかがでしたか?私は大阪で過ごす最初の夏でしたが、充実した夏になりました。

知人もいないので遊んだりという充実感はありませんが基本は減量を中心に生活し、出掛けたと言えば同期の井上トレーナーと海に行って焼いて帰ったり、チートデイ(減量の食事法)をしたりぐらいの外出です。

トレーニングは週9~10回行って暇さえあれば有酸素をするといった生活でした(笑)

そのおかげか体重が8週間で-7.6kgを達成することができ今までの不摂生を帳消しにしました。食事法や気をつけることは弊社HP内のトレーニングノートに書かせていただいておりますので是非御参照下さい!

 

さて、前回のブログではカリウムやクエン酸が良い!と書かせて頂いたのですが今回はカリウムとクエン酸についてご紹介していきます。

まずカリウムとは何か?と言うところですが簡単に説明するとむくみの原因である「ナトリウム」を体外に排出する役割を持っています。ナトリウムとは主に塩分やしょっぱいものに多く含まれており、ラーメンなどしょっぱいものを食べた次の日とかに顔がむくんでいたなんて経験はありませんか?

ナトリウムを排出する役割があると言うことはむくみの防止・改善に繋がるのです。

カリウムはわかめなどの海藻類・バナナなどに含まれていますが、私が摂取していたものは「ピスタチオ」です。

ピスタチオといっても素焼きのもので塩が使われていないものを摂取します。最初はぼんやり効果があるかなと思いながら食べていましたが、ピスタチオを食べた次の日とピスタチオを食べていない次の日が全然違うことに気づきました。

むくみの原因は食事だけではありませんがしょっぱいものを摂取しすぎた時はカリウムを摂取することをおすすめします。

 

続いて、クエン酸ですが、クエン酸はすっぱいものに多く含まれており、代表的な食事では梅干しやレモンが挙げられます。人間の身体は食事・ストレス・疲労などにより酸性になります。酸性の状態は不眠を起こしたり頭痛・低血圧になってしまうので身体が中性に傾くように食事を摂る必要があります。

そこで、クエン酸です。クエン酸は体内でアルカリ性の役割となるので摂取することで身体を酸性から弱酸性・中性・弱アルカリ性と変化させてくれるので身体にや心にストレスを感じている場合、体調が優れない場合はぜひクエン酸をおすすめしています。

残暑に負けない身体作りを一緒に頑張っていきましょう!!

追記

夏の終わりにスタッフ皆で西原さんの誕生日をお祝いさせていただきました^^

 



 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る