パーソナルトレーナーのブログ【navis(ナビス)】

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

肉体改造の真髄

フィットネスと健康

どうも~、心斎橋パーソナルトレーニングnavisの西原です‼︎

美尻・美脚を求める女性がここ2~3年で急増しています‼︎

今、世の中の著名なトレーナーが日本にフィットネスを広めよう‼︎という運動を推進しています。

フィットネスとは、肉体的観点、健康的観点で望ましいと考えられている状態であること、

またそうあるために行う行為・活動などを指します。

すなわち、「健康寿命」 を伸ばすための運動がフィットネスと考えます。

よって、スポーツもトレーニングもボディメイクも身体を日常生活レベル以上に動かすことは全てフィットネスと言えると思います。

健康的な身体、機能的な身体、見た目にキレイなカッコいい身体など、人によって目標は千差万別です。

「なりたい目標とする身体」=『理想の身体』

これを手に入れるためにはトレーニング、食事、睡眠の3つのバランスが非常に重要です。

つまり、この3つ全てにおいて日々意識を高く持つことこそ最上のフィットネスと言えると思います。

栄養、休養は人間が持つ生理的欲求です。

食べて栄養を摂取しなければ、体調は優れないですし、食べなければ死に至ります。

「人は食べた物で作られている」 ということです。

休養に関しては主となるのが睡眠です。

人は睡眠をしなければ、身体は思うように動かないですし、どんなに頑張っても最終的には疲れ果てて寝てしまうと思います。

また、栄養は血液によって身体の諸器官に運搬されます。

そして、栄養が最も効率的に吸収されるのは副交感神経が優位になる時間であり、副交感神経が最も優位になる時間が睡眠となります。

睡眠によって、栄養はしっかりと吸収され身体は回復します。

よって、栄養と休養は健康に欠かせない絶対不可欠な生理的欲求となります。

では、運動は必要ないのかというとそうではなく、人は生きている時点で日常生活という強度の低い運動を行っています。

立っているときも、座るときも、歩いているときも筋肉は使われています。

ウォーキングをしている人は比較的健康を維持している印象があると思いますがこれは意図的に長い時間を少し速く歩いたりすることで日常生活レベルより、血流が良くなるためです。

血流が良くなることで身体の諸器官への栄養の運搬が効率的かつ、スムーズになるので日常生活レベル以上の運動は健康を維持するためには必要となります。

日常生活を送るだけでも、もちろん人は生きていけると思います。

しかしながら、人は老います。それと共に筋量は減り、筋力は低下していきます。

よって、日常生活レベル以上の運動を継続しないと 「健康寿命」 が伸びないということです。

生きていても、身体が思うように動かない、動くのが辛い、このような状態は健康の定義からは外れていることになります。

『心身の健康』 これは人間なら誰しもが望むものであり、普遍的な欲求だと思います。

心身の健康なくして、充実した人生を送ることは難しいと思います。

「カッコいい、キレイな身体になりたい」

「おしゃれを楽しみたい」

「スポーツを楽しみたい、上手くなりたい」

どんな欲求も心身の健康があってこそ叶えられる欲求です。

体調を崩している時にオシャレに気を遣うことはしないでしょう、気持ちが落ち込んでいる時は何もしたくなくなると思います。

どんな欲求もベースは 『心身の健康』 と考えます。

フィットネスは『心身の健康』を作るために最も身近で最も有効な方法です。

今からでも遅くないです‼︎

日常生活より少しでも良いので強度の高い運動を日々心がけてみてください‼︎

きっと、身体よりも先に気持ちがスッキリ、爽快なメンタルに変わるはずです‼︎

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る