パーソナルトレーナーブログ

トレーニングの「質」とは⁇

どうも〜、心斎橋パーソナルトレーニングnavisの西原です‼︎

すっかり、秋の気配。

朝晩は冷え込みますがスポーツの秋、運動の秋ですね‼︎

この季節から来年の夏の準備は始まります。

理想の身体は1日にして成らず。

残念ながらボディメイクはコツコツやる方法しかありませんが「コツ」はあります‼︎

これが「質」を上げるポイントです‼︎

「コツ」は「身体の特性」を理解し「身体の使い方」を知ることと言えます

がしかし、この「コツ」を知ろうとすると意外と本当の意味で腑に落ちるまで時間が掛かったり、その上、自分のものになるまでにさらに時間を要する。

という感じになってしまい結局のところ効率的かどうかと言われるとそうではないのかも知れません。

それほどにトレーニングは深いということです。

「質」を高める努力はできても、それがイコール「効率」を上げるということにはならず、今辿っている道と今まで辿ってきた道が正しかったのか、近道だったのかすら判断することも難しいです。

では何をすべきなの⁇

大切なのは常に「基本」を意識し、常に「基本」に忠実に、特別なことに目を奪われないという心構えです。

私の尊敬する野球選手の1人である元ヤクルトスワローズの名手宮本慎也選手の話を少しさせていただきます。

宮本選手はプロの選手達がこぞって守備の達人に“宮本選手”を挙げるほどのプロ中のプロの選手です。

その宮本選手が現役時代に毎日行っていたルーティンがあります。

それはコーチが手で転がした緩いボールを何度も繰り返し捕球する練習です。

宮本選手はこれを日々絶やさず行っていたそうです。

ポイントは「ゴロに対する入り方、足の使い方」だそうです。

まさに基本です。

決して、基本を疎かにしない、初心を忘れない、毎日同じことをする事で自分の調子が判断しやすい、基本がしっかりしている事で安定感が生まれる。

日々の積み重ね、継続によって「基本の精度」は上がり、これが結果的にプロ中のプロを作った礎になったと言えるのではないでしょうか。

プロの華やかなプレーもこう言った地味で地道で決して派手さはない日々の基本練習の反復がそれを可能にしていると思います。

ボディメイクも全く一緒だと思います。

ボディメイクそのものに派手さはありません。

すごく地味で地道で面白くないかもしれません。

そう感じている方はまだトレーニングの本当の面白さ、奥深さ、魅力に触れられていないだけだと思います。

なので、トレーニングの「コツ」を何となく理解してくると「効率」が上がるわけでもなく、「質」が上がるのでもなく、「質」が変わるということなのだと思います。

そして、この「質」の変化が回りに回って辿り着く思考が結局、「基本」が大切だな。ということなんだと思います。

そして、トレーニングに対して好奇心と探究心を持てるようになった時、ボディメイクへの考え方、身体への意識、もっと言えば思考すら変わると思っています。

トレーニングは最も自分と向き合え、自分を知れるチャンスがあるセルフマネジメントだと思います。

トレーニングは間違いなく人を成長させてくれます。

これだけは間違いない。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

このブログを読んでご興味が湧いた方は是非、体験にお越しください!

10月の増税に伴い、パーソナル料金も改定となります。

もし、ご検討中の方9月中に入会されることをお勧めします。