パーソナルトレーナーブログ

まもなくお花見の季節!冷えないお酒とは?

みなさま、こんにちは!

パーソナルフードトレーナーの品川です。

少しずつ暖かくなってきて、そろそろお花見の季節ですね。

大阪のサクラの開花予定は3月26日頃と発表されました。

 

ですが、この季節お酒の飲み方には注意が必要です。

外でのお酒で思っている以上に身体が冷えてしまい、体調不良になる事が多くあります。

お酒には温める効果のあるものと、身体を冷やしてしまうものがあるので今の時期は出来れば温めるものを飲むのがおすすめです。

 

薬膳的に身体を温めるお酒は

・芋焼酎

・米焼酎

・日本酒(米)

・赤ワイン

・ブランデーなどがあります。

芋やお米、ぶどうからつくられる赤ワインやブランデーは温めると言われています。

 

逆に身体を冷やすものとしては

・ビール

・麦焼酎

・ウイスキー

・ハイボール

・白ワイン

があります。

ビールもハイボールもウイスキーも大麦から作られています。

麦は冷やしてしまいます。

またワインでも白ぶどうから作られる白ワインは冷やすとされています。

甘味料が入っている缶チューハイや、白砂糖たっぷりで作られる梅酒や紹興酒もNGです。

 

できれば日本酒を熱燗で、焼酎(芋・米)のお湯割りで、さらに梅干しを入れたりしても良いですね。

赤ワインを温めたホットワインも良いですよ!

シナモンやはちみつ、しょうがを入れると温め作用も強まり、美味しくなります。

品川おすすめです!

 

お酒は「百薬の長」と言われ、適度に飲むと薬いらずで身体に良いと言われています。

しかし種類や飲み方、飲む量では身体に悪影響を及ぼします。

 

ほどほどに楽しく健康的に飲んでお花見を楽しんでください♪

 

食事のご質問は品川まで!