パーソナルトレーナーのブログ【navis(ナビス)】

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

肉体改造の真髄

ふくらはぎ痩せ

どうも~、大阪・心斎橋パーソナルトレーニングnavisの西原です!!

ふくらはぎが痩せないと悩まれている方は足裏の重心がどこにかかっているか確かめてみてください。

おそらく、つま先よりではないでしょうか?

また、つま先立ちをするとふくらはぎが疲れませんか?

つま先立ちこそがふくらはぎを発達させるエクササイズになります。

つまり、日常的につま先重心になっていると常にふくらはぎが緊張し、働き続けている状態になっているということです。

立つ、歩くという日常動作は常に重力という負荷がかかっています。

大きな負荷ではないのですが負荷が掛かっている時間が長く、その間はふくらはぎを使い続けていることになり、痩せるどころかむしろ太くしてしまいます。

実はこれがふくらはぎが痩せない理由の1つです。

ふくらはぎを痩せるためには正しくふくらはぎを使うことを覚えることが重要です。

 

ふくらはぎを細くするためにはつま先重心やつま先を使う習慣を改める必要があります。

足部・足関節の骨の配列が崩れることで、このような重心のズレが生じます。

本来は唯一、地面に接している足部・足関節が身体の土台となり、安定的に身体を支えるのですが、これが正常な状態でなければ、しっかり地面を捉えることができずに日常を過ごすことになります。

よって、足部・足関節の「土台として身体を安定させる」役割をふくらはぎが代償することになり、ふくらはぎが過剰に働く結果となり、たくましくなってしまいます。

ふくらはぎを細くするためには足部・足関節の配列を整え、適正な状態に戻し、その上でふくらはぎのエクササイズを行い、その使い方を覚えることが重要です。

 

また、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれています。

心臓の役割は血液を全身に送り出し、循環させることです。

血液の役割は酸素の運搬、栄養素の運搬、ホルモンの運搬、そして、排泄物や老廃物の運搬です。

血液の循環が良くないとこれらの働きも鈍くなります。

重力の影響で身体の一番下にあるふくらはぎに排泄物や老廃物が溜まりやすくなります。

これが「むくみ」の正体です。

このむくみを改善する方法が第二の心臓であるふくらはぎを適切にトレーニングすることです。

ふくらはぎは血液を送り返すポンピング作用という働きがあります。

ふくらはぎは縮むと伸びるが交互に繰り返すことで血液を送り出せるのですが、ずっとつま先重心だと縮みっぱなしで伸びないため正常に血液を送り出せなくなります。

これが「むくみ」の原因です。

 

ふくらはぎを適切に使うためにまずやるべきことは

  1. 足部・足関節の配列の適正化

  2. ふくらはぎの柔軟性の向上


この2つです。

①は手技や青竹踏みなどを行うことでセルフコンディショニングが可能です。

②は①を行った後にストレッチを行います。

筋肉は長さ、筋力、弾力性、この3つが整ったときに正常に機能します。

つま先重心で生活している場合だと、使い続けているため筋肉は硬くなり縮んでしまいます。

また、縮みっぱなしの筋肉は伸びる機会が減るため、弾力が低下します。

伸び縮みができないと筋力は発揮されず、これもまた低下してきます。

まずは足部・足関節の配列を適正化し、ふくらはぎのストレッチにより本来の長さを取り戻す必要があります。

 

足部・足関節の配列の適正化を行い、ふくらはぎのストレッチをしてコンディションを整えて、初めてふくらはぎのトレーニングを行って良い状態となります。

最も有効なトレーニングはカーフレイズ(つま先立ち)です。

このカーフレイズを行う際に大切なのが運動軸をきっちりと合わせることです。

運動軸が正常な状態が、かかとの中央、距骨、親指と人差し指の間あたりが一直線になっていること。

さらには母趾球、小趾球がしっかりと着いた状態で運動軸を一直線に保ちながら上下を繰り返します。



ぜひ、日常で使い方を意識して、カーフレイズを暇なときに取り入れてみてください!!

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る