navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

navisダイエットプログラム②

身体を引き締めるために、navisで推奨している最低ラインの3つは、

 

① 午前中は何も食べない。

② 1口で最低50回咀嚼する。(特に炭水化物)

③ 常温の水を1日1.5ℓ~2ℓ飲む。

 

に、なります。前回に引き続き、

navisのダイエットプログラムの内容を軽く説明します。

 

IMG_2682

 

今日は、ダイエット達成に必要な食事テクニックをご紹介。

 

☆ 水は、体重÷30の量の水を極力常温で毎日摂取する。

(午前中からしっかり摂取する。)

体重45kgの場合は、45÷30=1.5ℓ  体重70kgの場合は、70÷30=2.3ℓ

☆ 塩は、工程に、イオン膜、溶解、立釡法の文字があればNG。

天日・平釡方式など手間暇をかけた製法の塩でないと本来の働きが出来ません。

☆ 咀嚼回数は、1口で最低50回は必ず噛む様にする。

噛まないと、消化にエネルギーを要し、代謝機能の低下を招く。

☆ 朝食(正午迄)は、浄化と排泄の時間なので、

この時間にあまり摂取しないようにする。普段から食べてない方は食べずに。

普段食べられている方は、新鮮なバナナやリンゴなどを適量食べる。

消化や吸収にエネルギーをとられ、浄化や排泄の低下を招き脂肪蓄積に繋がる。

☆ 胃腸が弱い方は、お白湯(味噌汁)などを食前に飲むと、副交感神経の、

働きを高め、胃酸から胃を護る粘液の分泌が促進される。

☆ 便秘がちな方は、「お勧め商品」のリブレフラワーを毎日摂取すると、

改善の可能性がかなりUP。

☆ 接待などでお酒を摂取する場合は、極力質の良い焼酎を摂取する。(ビール

や甘いお酒は絶対にNG。)常温のチェイサー(多量)は必須。

☆ 毒性も含まれるコーヒーは、午前中は避け、昼以降で1日1 杯程度に抑える。

もちろんインスタントや缶コーヒーNG。これを守るだけで代謝がUP。

☆ 食品の成分表示をみて、カタカナがたくさん明記されているものを避ける。

☆ 出来るだけ新鮮でオーガニック系の生野菜をバランスよく摂取する。

 

に、なります。なかなか難易度の高いものもあるかもしれませんが、

テクニックは達成する近道ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

以上navis山田がお送り致しました。

 

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る