navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

肉体改造の真髄

early workout

どうも~、西原です!!

 

今日は

 

「トレーニングの時間」について

 

朝が動きやすい

朝行うとカラダが目覚める

朝はカラダが動かない

朝行うと疲れすぎて仕事にならい

夕方以降の方が仕事も終わって1日動いていたのでカラダは動かしやすい

逆に仕事で疲れて夕方以降はトレーニングに集中できない

 

など人によって感じ方は異なると思います。

 

トレーニング時間について色々言われていますが

やはり自律神経が大きく関わって来るかと思います。

 

自律神経は交感神経と副交感神経この2つのバランスで成り立っています。

交感神経はアクティブな状態、副交感神経はリラックスしている状態の時に優位になります。

時間帯やどんな行動をしているかによってこのバランスが変わってきますが

呼吸や姿勢によってもコントロールできるもので血流が大きく関係してきます。

 

起きたばかりの朝というのは副交感神経が優位になっているため

カラダが動きにくかったりするものですが軽めの有酸素運動などで

カラダを動かすと血流は促進するので交感神経が活性化され

動きやすくはなります。

また、朝一番に常温の水コップ1杯飲むだけでも休んでいた内蔵が動き出し

これもまた血流が促進されるのでいいことだと思います。

 

ちなみに何かの研究で起床後6時間後が一番カラダが動きやすいという

データも出ていたりします。

メジャーリーガーのイチロー選手はナイター試合の時は正午付近で起きるそうです。

 

そんなデータもありますが

・自分がやりたい時にやる

・その時間にやると決めておく

 

モチベーションが高い状態で行える

決めておけばその時間に気持ちを高められるという点から

個人的にはこの2つが一番トレーニング効果が上がる気がします。

 

ということで今日はearly workout!!

 

やりたくなったので朝からスクワット

目覚めましたね!!

 

image1 image2

 

したい時に出来る環境に感謝です♪

 

 

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る