navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

野菜~。

日本人の野菜摂取量が著しく低下していると言われている。

スーパーで買った野菜はあんまり美味しくないから当然といえば当然だろう。

特に子供なんかは色んな情報量が少ないから、

本能で食べ物を選別することが多いので、

栄養素の少ない野菜を嫌いになることは十分ありえるはずだ。

実際、野菜屋さんに頂いた美味しい野菜なら子供はパクパク食べる。

こんな事実を目の当たりにすると、

農薬や化学薬品漬けの野菜を本能的に拒否する子どもが、

増えているという情報は理にかなっていると言わざるを得ないだろう。

野菜の摂取量が低下しているという情報が世の中に氾濫していると、

消費者は自然と野菜を摂らないといけないという意識がわく。

そんな中、お手ごろで手軽に野菜の栄養を補充できるとして、

市販の野菜ジュースがうなぎ上りに売れているのが現実らしい。

まず、市販の野菜ジュースを飲んだからといって、

1日に野菜で補わなければならない栄養素はとれないし、

あるメーカーの野菜ジュースからは、

水道水の10倍以上の硝酸態窒素が検出された例もある。

この硝酸態窒素は化学肥料によって生産される作物から発生しやすくなり、

大量に摂取するとチアノーゼを起こしたりする。

また濃縮還元などと表記される野菜ジュースをよく見るが、

この製法ではほとんどの栄養素は阻害されてしまい、

その分を多量の添加物で調整している。

さらに飲みやすさが重視されている為、様々な甘味料も使用されている。

残留農薬の問題なども考えると栄養どころか身体に悪いことしかないだろう。

以前後谷にJASマークのついた野菜ジュースを調べてくれといわれ、

製造した企業に問い合わせてみたけど、

半分キレ気味に説明してきたから間違いなく健康なモノではないのは明白だ。

そもそも全ての事象がそうであるように、

楽して何かを得ようとすることは殆ど不可能なのではないかと思う。

実際にボディメイクをする時もトレーニングをしたり、

食事制限をしたりと何か手間をかけないといけない。

野菜を摂取することも同じことが言えて、

ちゃんとした野菜をちゃんと摂取するのならばそれなりの手間をかけないといけない。

最近美味しいお野菜を頂くことが多くて、

美味しく栄養満点の野菜が食べれてることが本当に幸せに感じる。

IMG_8021 (1)

明治以前の日本では当たり前のようにそんな野菜が食べられたんだろうな。

食糧難は大変だったかもしれないが、その部分は本当に羨ましく思う。

そんな野菜が世の中に出回ることを心から望んでいるが、

加工系の野菜が出回る風潮がやはり色濃いのが現状だ。

斎藤工のようなセクシー系の俳優が野菜ジュースのCMに出演していた。

斎藤工みたいな甘いタイプの俳優に野菜ジュースを勧められたら、

世の中の女性はコロッと野菜ジュースを飲んでしまうかと非常に心配になる。

でも良かったのがCMのコンセプトは不明だが、

物凄くシュールな野菜のかぶりものをさせられ、

「 野菜~。 」 なんてフレーズを言わされていたので少し安心した。

あまり売り上げは伸びないであろう。

今後も加工系の野菜がどんどん伸び悩むことを心から願う。

以上navis山田がお送り致しました。

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る