navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

京都っ子の疲労回復促進課

連休(^^)

こんにちは!中多です(^○^)

世間はGW真っ只中ですね!

通勤の電車でも普段なら空いている時間でも

子供連れや学生達が遊びに行くのかで、満員でビックリします(笑)

そんな僕も明日からお休みを頂きます(≧∇≦)

特にこれといった予定は、初日あるフットサル位ですが…

しかも雨予報という…

最近予定がある時は雨が降る雨男になってます(´・_・`)

天気予報では明日雨が降り、その後はここ最近の蒸し暑さは少し落ち着く

と言っていましたので、これからは体を動かすのが気持ちいい時期になり、

ゴルフなどに行かれる方も多いのではないでしょうか?

今日はゴルフにも役に立つ運動とストレッチを紹介していこうと思います。

まずは、ゴルフと言えば体を捻る動作ですよね?

そこで、まずは体の回旋を出しやすくする方法をお伝えします。

今回はゴルフ中以外で、お家でも出来るだけものです。

まずは四つん這いになって下さい。

IMG_3500

その状態から片方の肘を曲げ、手のひらを後頭部に置きます。

そこから少し斜め上に胸を開いていくようなイメージで、肘を広げていき元の位置にもどします。

IMG_3501

IMG_3502

これの繰り返しです‼︎

この運動により、脊柱の回旋だし、胸を開いていく動作により肩甲骨の動きを出していきます。

もう一つは肘ですね!

ゴルフで肘を痛めた経験がある人は多いのではないでしょうか?

一般的によく言われるゴルフ肘というやつですね。

ゴルフ肘は内側にある前腕にはしる筋肉の付着部である肘の内側に

炎症が起きるというもので、その逆側を痛める事をテニス肘と呼ばれます。

肘を痛めてしまうと楽しいゴルフも楽しく無くなりますよね。

なので、とても簡単に出来るだけ肘のストレッチをお伝えするので、プレイ後に、

行いしっかりとケアしてあげて下さい。

まずは、内側のストレッチです。

手のひらを上にして、手の平を下に落とすような感じで曲げます。

IMG_3506

そしたら、反対の手で少しテンションをかけながら、外側に捻っていきます。

IMG_3503

これで、内側が伸びます。

次は、外側ですね。

今度は手の甲を上に向けて、手首の力を抜いてダランとさせます。

IMG_3504

そこから内側のストレッチをした時と同じように軽くテンションをかけながら、外側に回していきます。

IMG_3507

これで、前腕の裏と表にストレッチをかける事が出来、肘に付着している筋肉を伸ばす事が出来ます。

ストレッチ、軽い運動を行い、怪我をしないように楽しくプレイしましょう(*^◯^*)

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る