navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

諸君、狂いたまえ!!

スポーツ業界に12年携わっていた方の意見がFBにでていた。

「 朝ごはんをしっかり食べないアスリート 」 が多いということで、

しかもそれがトップアスリートばかりだということだった。

未だに多くの人は親や学校の先生に、

「 朝ごはんはしっかり食べなさい。」 と言われて育っている。

僕も勿論そうで、彼此33年間朝ごはんを食べ続けた口だ。

身体が資本のアスリートたるもの、エネルギーを沢山使うから、

しっかり食べないといけないようなイメージがあるが、

実際は、フルーツ少量だけとか水だけというアスリートが多いようだ。

30代後半のベテランアスリートは、

「 朝は体にとって排泄のための時間だから、消化器の負担を少なくするために

あまり食べないほうがいいと専属の栄養士に指導された。」 と、言っていたらしい。

朝ごはんはしっかり食べるべき。

朝食べないと力も出ないし頭も回らない。

そう信じてきた方が、朝ごはん抜きを実践されたところ、

まず体調がすこぶるいいという現象が起こったという。

朝ごはん食べない方が集中力もアップして原稿の進み具合が良くなったと。

また内臓の動きを排泄器官だけに集中できるからお通じも非常によい。

というような意見を述べていた。

IMG_4537

もう、まさにこの通りだと思う。

僕もお客様に勧めるときはまず体調が良くなるというアピールをする。

そして実践された方の殆どは、目をキラキラさせながら、

「 確かに体調良くなりました。」 と、おっしゃってくださる。

僕は専門家でもなんでもないからあんまり理論的には説明出来ないけど、

体調が良くなるメカニズムとしては、

① 消化や吸収などにエネルギーをとられないから。

② 腸の状態があがるから。

この2つが大きいのだと思う。

動物は本来体調悪い時には何も食べずひたすら寝ると言われている。

自然治癒に必要なエネルギーを消化や吸収などに奪われずに、

身体を治すことを最優先に考えているからみたいだ。

僕たちは風邪を引いたら早く治すために、

休養と栄養をしっかりとりなさいと言われて育ったが、

自然の摂理に照らし合わせると、どうやらこれは間違いらしい。

お見舞いで果物を持っていくのは理にかなっていて、

果物は本来自分で消化する機能を持っているから、

一般的な食べ物よりも消化にエネルギーを持っていかれない。

先人の知恵に答えが隠されていることはよくあることで、

この件に関しても消化や吸収はエネルギーを要するのは間違いなさそうだ。

栄養士さんが、朝は浄化の時間と言っていたように、

朝は浄化にしっかり時間を使いたいのだから、

そこで消化や吸収なんかにエネルギーを使われたら、

浄化しなければいけない時に浄化が出来なくなるから、

身体は良くない方に傾倒してしまう。

しかも本来不必要なことをしてエネルギーを使ってしまうと、

それだけエネルギーが減ってしまうから体調は悪い方に傾倒するのであろう。

ファスティングというモノが身体に良いとよく言うが、

断食することによって普段乱用されている腸を、

休ませることが出来て、良い状態に腸をリセットすることが出来る。

ただ1日も2日も殆ど何も食べないのは現実的に難しい。

毎日の生活の中で毎朝プチ断食を慣行するようなイメージで、

朝ごはんを抜くことによって腸の状態をあげることが出来るはずだ。

特に世界有数の飽食国家の日本では腸の状態がかなり悪いはずなので、

顕著に効果がでるのではとみている。

実際に僕が朝ごはんをとらなくなってからは、

毎日夕方位におこっていた腸の辺りが締めつけられるような、

変な痛みが一切無くなった。

内視鏡で見てもらって異常無しと診断され、

念のためビオフェルミンを処方され飲み続けても、

一切良くならなかった腸の締めつけられるような痛みが、

朝ごはんをやめて1週間経った頃には一切無くなった。

たまたまかと思い1ヶ月後に朝ごはんを復活すると、

きっちり腸の痛みが起こり、また朝ごはんをやめると、

痛みが無くなったので因果関係はほぼ間違いないだろう。

そして体調も以前よりははるかに良い。

これらのことなどから、体調が良くなるのに繋がるはずだ。

ずっと朝ごはんは食べないといけないと言われてる方からすると、

朝ごはんは食べない方が良いということは、

狂っているとか思われるかもしれないけど、

これだけ間違った情報が錯乱している現代社会なら、

案外狂った方が、正しいことが多くなるかもしれない。

丁度、大河ドラマで 「 花燃ゆ 」 をやっていて、

これにでてくる吉田松蔭が門下生相手に、

「 諸君、狂いたまえ!! 」 と、言っていたのは周知の通りで、

こういう思想が欧米の侵略から日本を守るという志士の、

原動力の一端を担い、日本の植民地支配からの脱却に繋がった。

一般的の常識だと思われていることにも結構間違いは多いもので、

狂うことの大切さは狂ってみると解るもの。

皆さんも是非1回狂ってみてください。

そして視聴率が低迷している、「 花燃ゆ 」 を是非みてください。

我らが山口県が舞台です。

以上navis山田がお送り致しました。

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る