navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

誰か国民健康党を立ち上げて。

先日ネットでIH調理器があぶないという記事をみつけた。

IH調理器は、これまで人類が遭遇した調理器具のなかで、

もっとも危険極まりない代物だそうだ。

理由としては、猛烈な強さの電磁波を発生するから。

WHOも2007年に電磁波は人体に有害だと公式に認めている中で、

新築住宅の7割にIH調理器が導入されているような地域もあるとのこと。

日本でのIH調理器普及は、固際的には狂気の沙汰と思われているようだ。

アメリカでのIH調理器普及率は、わずか0.4%で、

それもレジャーボートなどの湯沸かし用ばかりで、

台所用のIH調理器の販売台数はゼロだという。

電磁波問題の世界的権威ロバート・ベッカー博士は、

電気器具から出る電磁波の安全基準は1ミリガウスとしていて、

1ミリガウスに比べて4ミリガウス以上の場所で暮らしている子どもは、

白血病4.73倍、脳腫瘍10.6倍になると言われているらしい。

IH調理器は30m離れた場所でも70ミリガウス前後被爆し、

近づくと急激に強度が強くなり、調理中の被爆では、

有害電磁波は1000ミリガウスにも達すると言われている。

受精卵、胎児、子供などはもちろんのこと、

発ガン、催奇形性、遺伝病などの原因になるようだ。

それ以外では、うつ病、自殺、不眠など精神障害の引き金となったり、

めまい、頭痛、耳鳴り、倦怠感などは電磁波過敏症と呼ばれる症状のようだ。

電磁波被害は電磁波の強度×時間で増加するので、

近づくほど長く使うほど危険ということです。

強い電磁波を24時間浴びただけで、

体内のガン細胞の増殖スピードが最大24倍に激増し、

それは被ばくを止めたあとでも細胞の数百世代先まで続いたという。

誰でも毎日、体内で数千個のガン細胞が生まれています。

それらがIHなどから放射される強い電磁波を浴びると、

体内のガン細胞が悪性化し猛烈に増殖を始めるらしい。

僕の家はガスだが、実家は確かIH調理器だった気がする。

癌家系なので、予算を割いてガスコンロに替えてもらわないといけないな。

IMG_1322

しかし、日本社会はどうなっているのだろうか。

国民の健康よりも、大企業を守る方を優先する傾向は年々強くなっている気がする。

日本経済の為には解からんでもないけど、もう少し考えて欲しいものだ。

まだまだ公にでてない情報は多そうだから、

1つでも多く情報を収集して伝えていきたいと思う。

信じる信じないは人それぞれだけど、知っているのと知らないのでは、

天と地ほどの隔たりがあるので、

もっと勉強して自分たちの身は自分たちで守れるようにしたい。

以上navis山田がお送り致しました。

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る