navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

脂質⑪

身体を引き締めるために、navisで推奨している最低ラインの3つは、

 

① 午前中は何も食べない。

② 1口で最低50回咀嚼する。(特に炭水化物)

③ 常温の水を1日1.5ℓ~2ℓ飲む。

 

に、なります。脂質については、とりあえず今回で最後です。

11回の連載でしたので、自分の中では最長となってしまいました。

最後までおつきあいありがとうございます。

最後に相応しい様なまとめ的な内容に仕上げたいと思います。

 

巷では、ダイエット情報などがしょっちゅう流れています。

それに伴い、食事の方法論などもすごいです。

テレビなんかで紹介されるものは、かなり極端なものが多いですね。

そして、その極端なものに飛びついて、いっときすると忘れる。

そして、また新しい極端なものに飛びついて、いっときすると忘れる。

この繰り返しになっています。私も色んなことをやってきましたが、

あまり極端なことはしない方がいいです。ほどほどにがキーワードです。

 

ローカーボダイエットで私は大きく体調を壊しました。

糖質過多の現代では、意識して少なくする必要はあるにしても、

糖質を摂取することを、否定するのは行き過ぎになります。

元来人間は雑食ですから、色んなものから栄養を摂るように出来ているので、

極端に避けたりするのではなく、1つのものに偏るのでもなく、

それぞれを適当に摂取する、三大栄養素を3分の1ずつ位で、

満遍なくとるという位の考え方が丁度よさそうです。

それすらも、ほどほどにして。あまり躍起にならないことです。

そして最も大事なのは、質です。最近本当に悪いものまみれです。

質の良いものを探したり、購入したりするのは、

本当に大変ですが、それでも質だけには気をつけてください。

 

そして、人の身体も千差万別ですので、

何が自分の身体に本当に合っているのかは、自分にしか解りません。

どんなにすごい方が言ったことでも、自分の身体にあっていなければ、

健康にはなりません。大切なのは、つねに自分の身体に耳を傾けて、

健康的な習慣をみずから見出していくことです。

そして、それが最も解りやすいのが便です。

便秘は論外ですし、柔らかい便や下痢、このような状態だと、

腸内環境は悪い状態です。腸内環境が健康のバロメーターなので、

無臭できれいなバナナ便で水に浮く。

これらを満たしていなければ、食事の内容が悪いと考えてください。

(但し、ストレスで乱れることがあるので注意が必要です。)

それで、判別していけば、大体のことは解るはずです。

 

因みに、ウチの子は最近キレイなバナナ便が出るようになってきました。

 

IMG_1999

 

悪いものを食べるとすぐに、軟便に逆戻りしますが...

 

以上navis山田がお送り致しました。

 

 

 

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る