navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

脂質⑤

身体を引き締めるために、navisで推奨している最低ラインの3つは、

 

① 午前中は何も食べない。

② 1口で最低50回咀嚼する。(特に炭水化物)

③ 常温の水を1日1.5ℓ~2ℓ飲む。

 

に、なります。今回も脂質について掘り下げていきます。

 

最近よく耳にするようになった、

「 オメガ3 オメガ6 オメガ9 」と言われるものがあります。

巷に溢れている油は、オメガ6だから摂取を控えた方がよい。

などということはよく言われています。

今の日本の社会では、比率が1対20位になっているから、

1対1になるまで、オメガ6の摂取量を下げた方が良いという、

栄養学者も結構でてきているみたいです。

 

座くん

 

オメガ3とオメガ6は必須脂肪酸ということを、

よく耳にされる方が多いと思うのですが、

最近本当に必須なのか? という議論が沸き起こっています。

オメガ3とオメガ6が必須脂肪酸といわれる所以は、

これらの合成に必要な酵素が人体に存在しないため、

体内でつくりだせないというところにあります。

自分でつくることができないために、外から補う必要がある。

確かに、そういった物質もあるので完全否定は出来ませんが、

それらが大して必要ないからとも考えることができます。

現に必須脂肪酸を殆ど摂取していなかった古代人は、

現代人よりも遥かに健康的だったと言われています。

高齢になっても、アレルギーも癌も膠原病もなっていません。

ただ、感染症や幼児脂肪が多かったので、

早死のイメージが強いですが、間違いなく平常時の細胞や、

腸内環境は今より遥かに健康だったことは間違いありません。

その辺りのことを考えると、必須脂肪酸は必須ではない。

こんな仮説も肯定出来るようになってきます。

 

以上navis山田がお送り致しました。

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る