navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

脂質④

身体を引き締めるために、navisで推奨している最低ラインの3つは、

 

① 午前中は何も食べない。

② 1口で最低50回咀嚼する。(特に炭水化物)

③ 常温の水を1日1.5ℓ~2ℓ飲む。

 

に、なります。今回も脂質について掘り下げていきます。

 

前回述べたトランス脂肪酸は、欧米では厳しく規制せれていましたが、

近年では、オーストラリアやシンガポール、韓国、台湾、中国などで、

使用を禁止したり、表示を義務づけるなどの動きが強まっています。

 

そんな流れのなか、トランス脂肪酸が野放しになっているのは、

日本だけともいわれています。そんな、野放しの日本にいる限りは、

自分の身は自分で守らないといけません。

 

表示として代表的なのは、ショートニング、ファットスプレッド、

水素化油脂といったもので、植物油とか植物油脂と曖昧にしたものもあります。

 

マヨネーズ、マーガリン、スナック菓子、油揚げや厚揚げ、アイスクリーム、

ファストフード、インスタントラーメンなどなど。

 

スナック菓子なんかは本当に最悪で、ずっと時間が経過しているのに、

いつまでたっても、サクサクした食感を保っているのは、凄く不気味です。

 

砂浜プロテイン

 

嗜好品としてたまに食べるのはまだしも、常時このようなものを食べると、

本当に危険です。以前読んだ本に書いてありましたが、

秋葉原の通り魔とか、突発的な殺人犯は、事件後に犯行時の記憶がない。

ということがよくあるそうです。腸内環境の劣化が脳に炎症を起こすと、

アメリカで研究が進んでいますが、秋葉原の通り魔は常に、

コンビニの弁当やインスタントラーメンやスナック菓子など、

身体に悪いものばかり食べていたそうです。

決してトランス脂肪酸のみが原因ではないと思いますが、

少なくとも一因にはなっているはずです。

 

相当量食べないと殺人者にはならないと思いますが、

良い影響は確実に与えないので、やはり出来るだけ、

トランス脂肪酸の摂取は控えるべきかと思います。

 

以上navis山田がお送り致しました。

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る