navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

済州島。

僕は海外旅行はそんなに行かないタチなのだが、

韓国にはしばしば行くことが多い。

小学校の時に1回。高校の時に3回行った。

高校の時は旅行というよりはバレーボールの合宿で行ってたのだが、

修学旅行の費用を全て投入してたようなのも相成って、

晩御飯はかなり美味しいものを食べさせてもらった記憶がある。

小学校の時なんかは日韓関係など難しいことは良く知らなかったし、

オリンピックでバレーボールのテレビ観戦している時に、

韓国 対 アメリカをやっていて、

どっちを応援したらいいか母に聞いたら、

「 韓国を応援しなさい。」 と、言われたから、

「 なんで韓国を応援するん?? 」 と、聞き返したら、

「 近いから。 」 と、今考えたらツッコミをいれたくなる答えが返ってきたが、

親の言うことは絶対という風潮な当時としては、

近かったら応援するもんなんだと妙に韓国に親近感を覚えた。

だから僕は韓国に対するイメージとして、

近いから仲良くしないといけないのとご飯が美味しいというイメージが強い。

あれから何十年も経つがその間に、

色んな人の話を聞いて、色んな情報を耳にして、色んなメディアを観て、

韓国という国のイメージが以前より少し悪い方に傾いてきていた。

そんな中で先週、お客さんのお誘いで、

2泊3日で韓国は済州島へゴルフをしに行ってきた。

ゴルフ → 飲食 → カジノ → ゴルフ → 飲食 → カジノ

基本的に上記の感じの繰り返しの旅行だ。

ゴルフに関しては多くは語るまい。

相変わらず進歩してないということだけご理解頂ければと思う。

ただ、オネストジョンとやらで優勝したことだけ触れておこう。

何でも自己申告のスコアと実際のスコアが1番近ければ、

賞金が5万円頂けるというものだ。

この説明からもご理解頂けるように、

正直未だにオネストジョンのルールがあまり解っていない。

しかしこの難解なルールで適当に申告した数字が近くて、

なんと優勝してしまい賞金5万円を頂けたのである。

かなり持ってるってやつですな。

ただ、優勝した人が最終日の参鶏湯屋さんで、

参加者全員にご飯をおごるというシステムがあり、

美味しい参鶏湯を食していざお会計に向かうと。

きました。

丁度5万円。

IMG_8074

一同大爆笑。

財布に5万円がやってきて、15分ででってたのは人生初めてだ。

ピタリ賞とはやっぱり持ってる。

というか僕の人生うまくいっても大抵最後にオチがつく。

日頃の行いが悪いからか。少し改めよう。

参鶏湯。アワビ粥。サムギョプサル。

どれも本当に美味しかった。

やはり韓国はご飯が美味しいというイメージはそのままで十分だ。

そして人生初めて少し悪いイメージを植えつけられた状態で、

韓国に行ったくだりについては、

正直以前と全く変わらなかった。

良い人は良いし、良くない人は良くない。日本でもどこでも一緒だった。

政治の問題は何か色々あるみたいで、

色んな情報が溢れているから何が真実かもよくわからないけど、

基本的には属性で判断せず、

特に気にせずご近所同士仲良くやっていければ1番なんだと思う。

利権系になると何か色々大変なのかもしれないけど、

そりゃあ色んな意味で仲良くしてる方が楽しいのは間違いない。

それはそうと僕はバルグアップを狙ってトレーニングしているから、

1ヶ月半前から体重を増やそうとしている。

腸内革命はこの点においてかなり厄介で、

代謝がかなりあがっているので体重が増えにくい。

食べる量を1.5倍にしているのに、

最初の1ヶ月間体重がビタイチ増えなかった。

それでも後半の2週間で2kg増やしていたので、

今回の韓国旅行でご飯を食べまくって、

あと2kg増やしてやろうと意気込んでいた。

いつもは食べない朝ごはんもしっかり食べて、

晩御飯は吐く手前まで食べて飲んで、

周りの方にもよく食べたなぁと言われるくらいで。

いざ体重計に乗るとまさかの -1kg ...

便がでたこともなく、特に何かしたということもなく。

考えられることといえばカプサイシンか。

カプサイシンのダイエット効果はやはり本当なのか。

時間がある時にでもちょっと調べてみよう。

ちなみに帰国後ゴルフバックを担いでる時に、

どうもガチャガチャ音がすると違和感を感じてゴルフバックを開けてみると、

ドライバーがへし折られ無残な状態。

IMG_8072 (2)

最後の最後でもオチがつく。

やっぱりある意味持ってるかな。

以上navis山田がお送り致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る