navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

旧心斎橋パーソナルトレーニングnavis

navisの1号店を移転してから5年半が経ちます。

5年半の間に、美容室、レンズ屋さんと早々に移り変わり、

現在は中国の爆買いの影響を受けて、

ドラッグストアへと変貌してしいます。

1号店の思い出もなかなか強烈なものがありましたので、

買い物ついでにちょっとみてきました。

当たり前ですが1号店の時と随分変わってしまいました。

現在の様子 ↓↓↓

2

以前の様子 ↓↓↓

4

面影が残っているとするとこの辺りでしょうか。

1

太陽光と格闘した日々を思い出します。

あの頃からずっとトレーニングを続けてくださっている、

お客様には、ただただ感謝の想いです。

あの店舗を知っているスタッフも西原だけになってしまいました。

思えばあの店舗のスタートは不動産屋と貸主に騙され、

(騙された私が完全に悪かったのですが…)

オープン日にオープン出来ないという(その後3ヶ月間も…)

とんでもないずっこけ方からスタートしてしまいました。

預金残高はどんどん減少し、経営状態は火の車。

体重も7kg痩せて、もう全てが破れかぶれ状態でした。

鬱憤を晴らしてやろうと、エリザベス女王杯という大きな競馬のレースで、

3番人気の単勝7.9倍、武豊騎乗のポルトフィーノ。

インスピレーションで、この馬が1着で駆け抜けると確信したので、

個人通帳に残っていた、なけなしの5万円を単勝で全部いきました。

1着で駆け抜けてくれれば、40万円のお金が入ってきます。

心臓がはち切れそうなくらいバクバク。

スターターが合図をしていよいよゲートが開く。

開いた瞬間ポルトフィーノがスタートでつまずき、武豊落馬。

その瞬間5万円はパー。放心状態で画面を見つめ続ける。

カラ馬(騎手が乗ってない競走馬をカラ馬といって、

途中でとめる訳にもいかないのでそのまま走らせてしまう。

もちろん失格なので何にもならない。)になったポルトフィーノは、

一生懸命走っていた。最後の直線では、大外からスルスルと脚を伸ばし、

見事1着でゴール。ポルトフィーノが1着で駆け抜けるという、

僕の直感は一応見事に当たったのだが、経営と一緒でスタートでこけた。

こんなネタのようなことが現実で起こりうるのか。

と、ただただ、放心状態と変な冷や汗がでたのを今でも覚えています。

そんな淡い記憶を思い出させてくれたnavisの1号店。

ドラッグストアになったことで、

行きやすくなりましので、慢心しそうになった時は、

初心に戻る為にもちょこちょこと訪れてみたいと思います。

以上navis山田がお送り致しました。

 

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る