navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

肉体改造の真髄

感謝

どうも〜、西原です!!

「感謝」

僕の中では「ありがとう」という意味合いが強く、

何故この字に「謝る」という字が入っているのが密かに疑問に感じていました。

という事で山田に習い僕も調べてみました。

 

かん【感】

1 深く心が動くこと。感動。

2 物事に接して生ずる心の動き。感じ。

 

しゃ【謝】

1 わびる。あやまる。

2 ことわる。

3 礼を言う。

 

「感謝」の二文字にはこのような意味があります。

さらにこのそれぞれの文字をバラすとこうなります。

 

「感」→「咸」と「心」

咸には「みんなあわせて」

心には「人間の理性・知識・感情・意志などの働きのもとになるもの。また、働きそのものをひっくるめていう。精神。心情。」

 

以上から「感」を言い換えてみると捉え方になると思いますが「みんなの精神や心情」になり

そして、「感」そのものの意味は、「心が動く」という意なので、全部合わせてみると

「一人一人(みんな)の精神や心情」が「みんなの精神や心情」に影響を及ぼしていく、という繋がりとなって行くのだと思います。

 

「謝」→「言」と「射」

言には「口に出していう事、言葉」

射るには「弓に矢をつがえて的に向けて放す」

つまり言葉の矢を的に向かって射るごとく相手を見据えて、しっかりと届くように、言葉を放す(話す)というように取れます。

 

以上は引用した内容とそれを見て感じた僕の意見を交えて書きました。

 

まとめると、

明確な意図を持って、目的の相手にしっかりと

「ごめんなさい」と謝る、「ありがとう」と謝する ということになるのではないでしょうか。

 

今年は感謝の気持ち、正直な心をよりいっそう意識して邁進したいと思います!

 

IMG_6183

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る