navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

山田。

僕は山田。

この苗字を背負って35年間生きてきた。

もちろん愛着もあるし、誇りも持っている。

代々受け継がれてきたこの苗字を次の世代にバトンタッチする覚悟もある。

この山田という苗字。すごく巷に溢れているイメージが強いらしいのだが、

統計的にみると一般的な認識よりもかなり少ない。

1位 佐藤 2位 鈴木 3位 高橋 と続き...

山田は12位にランクインしている。

1位の佐藤が述べ200万人なのに対し、

12位の山田は述べ50万人程度なのだ。

山田という苗字のルーツは文字通り 「 山 」 と 「 田 」 という風景からくるもので、

「 山 」 と 「 田 」 は日本全国どこにでもあるので、

全国的にこの苗字は分布しているらしい。

この全国に沢山ある山田の中で1番の名家とされるのが、

尾張国の山田氏の系図とされている。

清和天皇から始まり、貞純親王、源経基と続き、

そこから20代目の末尾が長州藩士山田となっていた。

IMG_0161

きました。

日本全国の山田の中で1番の名家である可能性一気にあがりました。

これからはさらに誇りを持って生きていかねばならないな。

そんな山田という苗字。実は小学校以降苦渋をなめてきたことが多い。

小学校の時は音楽室に山田耕作という作曲家の肖像が飾られていた。

残念なことにこの山田耕作という方は禿げていた。

ウチの父である山田隆も禿げていたので恐怖心はあったのだが、

案の定参観日に父が来て以来、リンクされながらからかわれた。

そして、教科書に載っている偽名は大体 「 山田太郎か山田花子 」 で、

その名前が出るたびにこれまたからかわれた。

中学校にあがると、自分と同じ苗字の有名人を友人間で言い合って、

どれが1番羨ましい苗字かを決めるのが流行っていた。

皆は野球選手名を言ったり、著名な芸能人を言ったりして、

それはそれは華やかなものだったが、

僕はというと、山田耕作という名前しかでてこなかった。

そんな面白くない過去があったので、

山田という苗字はイケテナイのではという疑惑をずっと持ち続けていた。

しかし、それを打ち破る人が近年でてきてくれた。

山田優と山田哲人。

山田優はあの小栗旬と結婚する程の女性になってくれたし、

山田哲人は若干23歳で本塁打いのタイトルをとるような逸材になってくれた。

山田耕作といういかにも田園を思い浮かべる地味な姓名とうってかわって、

随分華やかな苗字に押し上げてくれた2人には感謝。

あとは大河ドラマ 「 花燃ゆ 」 で、もう少し山田顕義を活躍させて欲しい。

僕の今の願いはそんなところです。

以上navis山田がお送り致しました。

 

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る