navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

navis撫子の日々雑感

大阪もチョコレートの香り

こんにちわ☆フロントの上原です。

もうすぐバレンタインデーですね♪

どこに行ってもチョコレートの香りでダイエット中の方(わたしも含めて)には、とても辛いと思います。(涙)

チョコレートは高脂肪・高カロリー食品であるがゆえに「鼻血が出る」「太る」「虫歯になりやすい」と何かと攻撃されがちですが、最近ではいくつかの成分が健康に良いと言われるようになりました。

1、ポリフェノールによる抗酸化作用

人間の体をサビつかせる活性酸素と闘う抗酸化物質には

水溶性のビタミンC、脂溶性のβカロチン・ビタミンE・ゴマリグナン・リコピン

両溶性(どちらにも溶ける)ポリフェノール類などがあり、赤ワインやお茶などと並んでカカオにも豊富なポリフェノールが含まれております。

また、動脈硬化の予防、コレステロール値を下げる効果、がんの発生を抑制する効果が期待できます。

2、集中力・記憶力お高め、気持ちを穏やかにさせるテオブロミンという成分が含まれており、神経を鎮静させる作用があります。

3、ミネラルや食物繊維が豊富

原料であるカカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれており

特に女性に不足しがちと言われている鉄分を、おやつにチョコレートを食べることで補うことができます。

しかし、抗酸化作用をはじめ、いくつか体に嬉しい効果を期待できる一方

チョコレートは紛れもなく高脂肪・高カロリー食品ということにはかわりません!!

チョコレートとうまく付き合うために、ぜひ心がけて欲しいのは食べるタイミングです。

つまり、チョコレートのカロリーを脂肪として体にため込まずに

筋肉や脳の活動エネルギーとして使い切れる時間を見つけることが大切です。

例えば、血糖値が一番下がっている朝に食べるのもいいと思います。

また、ブドウ糖やカルシウムを補いたいなら、カカオマスが十分入ったミルクチョコレート。

ダイエットを考慮するなら、ミルクと砂糖が少なくカカオマスのが多く含まれているビターチョコレートがオススメです。

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る