navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

咀嚼白爵。

『腸内環境を高めれば勝手に引き締まる!! 』

 

その為に最低限必要なものとして、

① 午前中は何も食べない。

② 1口で最低50回咀嚼する。

③ 常温の水を1日1.5ℓ~2ℓ飲む。

というのを以前あげさせていただき、

ここ3回は②の咀嚼について掘り下げていきました。

今回はそれらをまとめてみたいと思います。

 

私が考える咀嚼を多くすることの1番の理由は、

消化不良を出来るだけ無くし、腸内環境を高めることです。

img_8964

この消化というものは三大栄養素の中の、

炭水化物・たんぱく質・脂質をそれぞれ小腸で

吸収できる分子レベルまで小さくすることで大変な作業になります。

ですので身体にかなりの労力を強いてしまうもので、

この労力の負担を少しでも軽くしてあげることが、

腸内環境を高めたり、代謝を高めたり、

健康状態を高めることに繋がります。

 

喉を通ってしまえば、基本的には自分の意思では、

消化の手助けをすることは出来ません。

なのでしっかり咀嚼をすることによって、

唾液の中に含まれるアミラーゼという消化酵素で、

口内で事前消化をすることが必要になり、

そうすることで、胃や腸での消化を助け、

身体に負担がかかりにくくなってきます。

 

咀嚼を多くすることによって、

満腹中枢を刺激したり食べる時間が長くなるので、

食べる量が減るというメリットもありますが、

1番は上記のような理由です。

身体の負担が減って、且つ腸内環境があがれば、

疲れにくくなるとか、肌の調子が良くなるとか、

痩せる以外のメリットもどんどんでてきます。

それらのことを獲得する為にも、

咀嚼というものはすごく大切なものになっているのです。

 

以上navis山田がお送り致しました。

 

 

 

 

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る