navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

ダンス好き伊藤の締めブロ

体育の日

こんにちは。伊藤です。

今日は体育の日ですね。

東京オリンピックの開会式が開催された日から制定されたそうですね。

昔は、

「気温も下がる10月、みんなで運動をしましょう、運動会をしましょう」

という意味の祝日だと思っていました。笑

オリンピックといえば、先日心斎橋のスポーツショップにケンブリッジ飛鳥選手が来ていました。

この選手の体脂肪率、5%をきっているそうですね。

5%がどのくらいのものなのか見てみたかったのですが、

残念ながら人が多すぎて見えませんでした・・・

みなさんも体脂肪率を計測したことがあると思います。

女性は大体18~28%が標準、男性は10~20%が標準といわれますが、

スポーツ選手はもちろんこれより低いです。

オリンピックで言えば、サッカーや陸上長距離などの競技時間が長い持久系の競技や、


体操やレスリングといった、高い筋力発揮が必要な競技が特に体脂肪率が低めです。


サッカーのハリルホジッチ日本代表監督は


「体脂肪率が12%以上の選手は代表に呼ばない」と話したとも聞いたことがあります。


逆に水泳選手は体脂肪率がやや高め。


浮力が必要な競技である事から納得です。


昔働いていたジムにはプールがあり


パーソナルを受けた後に、有酸素代わりに泳ぐ方も多かったのですが、


その中にひとり、長がつくほど筋トレが大好きな男性がいました。


最初はバルクアップが目的でいらしていったため、筋トレのみ。


結果、筋肉もガチガチについて、ついに体脂肪率が1桁に。


さらに絞りたいと、水泳を始めたのですが


泳ごうと思ったら沈んでしまい、だいぶショックを受けらていました。


私は自慢できる事ではないですが、もとから泳げた経験がないので


泳げない事にショックを受けた事が無いですが


できていたことができなくなるのは、少し悲しいですよね。


体脂肪率の数字の増減は、筋量と脂肪の増減を見る目安になりますし、


見た目も左右します。


ぜひ皆さんも定期的に計測してみてくださいね。


img_0754

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る