navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

肉体改造の真髄

仰木監督とイチロー

どうも、西原です!

昨日か一昨日にyahooニュースで

仰木彬監督が亡くなって9年が経ったと

「仰木マジック」

「がんばろうKOBE」

などの言葉で当時のオリックスブルーウェーブを牽引した名将

「イチローを作ったのは俺や!!」

の言葉通り、当時振り子打法の “鈴木一郎” を世に送り出した事でも知られる

 

そんなイチローが

「監督の技量を僕に聞くなら、とにかく、この上司のために働きたいと思わせる能力。

それが誰よりも長けていた。」と

 

試合に負けたがイチローは二塁打を打った試合があった

暗い空気のイチローに仰木監督がかけた一言

「イチロー、お前、なにをそんなに暗い顔しているんだ?

試合の勝ち負けは俺に任せとけ。お前、二塁打1本打ったじゃないか。

それでいいんだ。お前は自分のことだけ考えてやれ。」

 

イチローはその瞬間から自分のためではなく、この人ののためにやりたいと

思ったと普通なら「チームのことだけ考えろ」ってなりがちなところを

この言葉によって心を鷲掴みにされ、もし仰木監督がメジャー行きをダメと言えば

行かなかったとさえ思ったそうです

 

プロ生活23年計11人の監督の下でプレーしてきたイチローは

「どんな人間かを察知する能力が確実にあって、それに応じて選手を操る。

心の掴み方っていくつかパターンがあるけど、

仰木監督はその形が無数にあるように見えた。

それが仰木マジックなのかもしれないですね」

と人心掌握術がすごいということが伺えます

 

日本球界でまた仰木監督のような名将を見たいです

当時のブルーウェーブを見ていて強いとはもちろん思ったのですが

今思えばそれ以上に野球の楽しさというよりは面白さを教えてくれていたような気がします

面白い野球をする、心から応援したくなる球団が出てきて欲しいです

 

今でもイチローは自主トレを神戸(ほっともっとスタジアム)で行います

それだけブルーウェーブでの経験が大きいもので

原点という意味を持ち毎年戻って来るのだと勝手に思っています。

 

実家がここに近いのですが休場周辺歩いていたら普通にイチロー歩いています

メディアも少なく、かなり穴場です

 

イチローの移籍先早く決まるといいですね

 

IMG_3312

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る