navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

元警察官の腸内革命

今後の腸内革命。

身体を引き締めるために、navisで推奨している最低ラインの3つは、

 

① 午前中は何も食べない。

② 1口で最低50回咀嚼する。(特に炭水化物)

③ 常温の水を1日1.5ℓ~2ℓ飲む。

 

であり、上記3つにかかることを前回まで掲載してきました。

上記3つで身体ががらっと変わる方もいらっしゃいますが、

それだけではなかなか変わらないような方もいらっしゃいます。

人は千差万別ですし、個人差があるので当たり前のことです。

 

今後のブログは私が経験したり、調べたりしたもので、

腸内環境をあげるために有用だと思った情報などを、

都度あげていきたいと思います。出来るだけあとで、

「やっぱりあの情報は間違いでした」なんてことが、

頻繁にでないように出来るだけ厳選して書いていこうと思います。

 

最近アメリカでは腸内環境の研究がかなり進んでいます。

ほとんどの病気は腸内環境で決まるとか、

腸内フローラが脳にまで関与し性格を変えてしまうなどが、

ワシントン大学とかハーバード大学などで研究が進んでおり、

世界的権威のドクターが、

「健康にとって一番の要因は何を食べるかということだ。」

と、断言するようなところまできています。

今まで原因不明だった病気が腸内環境に原因があったという事例が、

既にでていますが、今後さらにどんどんでてくることを期待してます。

 

IMG_9491

 

実は私の身内が以前膠原病になって40度の発熱など、

(後日談で死を予感したと言うくらいしんどかったみたいです。)

かなり悪い状態で、ステロイドなど薬漬けになっていたのですが、

私の知る限りの情報を伝えて食事制限などの実践をお願いして、

それのみを実践してもらったところ、今ではすっかり元気になって、

薬の服用もせずに、以前より元気に暮らしています。

もちろん、身体も引き締まったと言っておりました。

 

経験でもそうですし、アメリカでもどんどん研究が進んでいますので、

やっぱり私の中では、腸内環境にスポットを当てることが、

すごく重要だと考えています。重要だと思い求めている分、

目から鱗情報もたくさん入ってきますので、そんな情報などを、

これからブログで公開し続けていけたらなと思います。

 

以上navis山田がお送り致しました。

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る