navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

肉体改造の真髄

メジャーリーグ

どうも~、西原です!

 

今日は久しぶりにメジャーリーグの

ことについて書こうかと思います

メジャーもいよいよ佳境です

ポストシーズンに向けた

熾烈すぎるゲームばかりです

 

中でもワイルドカード争い

これがすさまじくおもしろい

 

メジャーリーグは

全部で30球団、日本の2.5倍

アメリカンリーグ、ナショナルリーグの

2リーグで成り立っており

各リーグをさらに

中地区、西地区、東地区に分けて

5チームずつに分けた計15球団で

シーズンを戦い

各地区の優勝を目指します

優勝チームはもちろんのこと

ポストシーズンに進出しますが

この3地区の優勝チームを除いた

12チームで勝率の高い上位2チームが

ワイルドカードに駒をすすめる

さらにワイルドカードに勝った1チームのみが

ポストシーズンに進出できるシステムで

計8球団でワールドチャンピオンを争います

 

このワイルドカード争いに

絡んできている日本人選手が

ロイヤルズ「青木宣親選手」

マリナーズ「岩隈久志選手」

おもしろい理由のひとつに

ロイヤルズに関しては

青木選手の調子がロイヤルズの

調子と言っても良いほど

活躍しているので必然的に

応援に熱が入りますね

 

しかも、例年とは異なり

この2チームを含め

このワイルドカード争いに絡んで

来ているチームが

近年ではワイルドカード争いを

していなかったチームばかりなので

ポストシーズンにかける意気込みを

含めてかなりおもしろいゲームが

続いているので見ごたえが物凄いです

 

ポストシーズン、つまり短期決戦ですね

8チームによるトーナメント形式で

先に3勝した2チームが

リーグチャンピオンシップ(いわゆるベスト4)

に駒を進め、そこで先に4勝したチームが

ワールドシリーズ(これが決勝戦です)

に進出するわけです

 

全てが短期決戦、ワイルドカードに至っては

一発勝負です

 

こうなると大切になるのは

僕個人敵な意見としては

いかに点を取られないか

いかにミスをしないか

つまりディフェンスです

投手力、守備力

地味ですがで

勝因の7割、8割をしめると思います

 

だから負けられない短期決戦では

エースとエースがぶつかる

ゆえにおもしろい

ではなぜ投手力、守備力が

一番に大切かというと

 

守備は基本的には受身ですが

唯一、守備をしながら

攻撃できるのが投手だからです

なのである意味攻撃のバッティングよりも

攻撃力があるのが投手の投球だと

思っています

 

バッティングはもちろん点を取りにいく

ための最大の攻撃ですが

超一流と言われるバッターでさえ

3割そこそこの成功しか収められない

ということです

 

この理由としてはバットという道具を

使ってボールを捕らえなければ

いけないからで

バットを自分のカラダの一部として

操らなければ高い成功を収められない

だったらそれよりも

素手で投げる投手の方が

ボールに直接触れることが出来る分

細かい感触を感じれて

繊細なコントロールがしやすいため

有利になるということです

 

なので7割の成功を収める

投手の攻撃が圧倒的に肝要になるということです

 

そして、どんなに投手が良い投球を

して打ちとったところで

守備のエラーがでれば失点する

ということです

 

短期決戦で一番大切なことは

どれだけエラーを減らせれるか

究極を言えばノーエラーで

試合を運べるかが

最重要になると思います

 

高校野球で全国を制するような

チームは大概の場合

エラーの数は少ないはずです

 

あともうひとつやってはいけないこと

最大の攻撃力を持つ投手のミスである

ファーボール(四球)です

無条件に相手に得点チャンスを

与えてしまいます

ファーボールが与える最も悪い影響は

出してしまった投手本人が精神的ダメージを

負うということです

 

これを自滅と言うのでしょう

 

最大の攻撃力を持つ投手が崩れる

ということはチームも崩れるということです

なのでよく投手が試合後のインタビューなどで

「今日はゲームを作れたのでよかった」

というフレーズを口にするのです

 

よい投手はゲームを作る能力が極めて高い

これが最も重要な投手の仕事だと思います

自分の調子に関係なく悪いなりに抑えて

しまう投手が超一流です

 

その能力を高めるために大切なのが

「冷静」

「闘争心」

「コントロール」

この3つが重要かと思います

 

僕がもし投手コーチだとすれば

間違いなくコントロールを真っ先に

磨きます

これは最も大きな武器になるからで

逆に言うとコントロールが良いから

冷静さを保てると思うのです

 

現中日ドラゴンズの落合博満氏が

おっしゃられていたのですが

「心技体」

ではなく

「体技心」

だと

強いカラダがあって

よいスキルがあって

それが自信になりメンタルが

安定するという考えです

これはとてもしっくりきました

 

強いフィジカルを作り

確かなスキルを磨いていけば

メンタルは強化されるという

シンプルで分かりやすいと思います

 

話は逸れましたが

投手力、守備力

野球は点取りゲームではなく

点をいかに与えないかを考えた方が

有利なスポーツだということです

 

そういうところからいくと

僕のワールドシリーズ優勝予想は

「ロサンゼルスドジャース」

です

素晴らしいピッチングスタッフが

揃っていてかなり有利だと思います

 

その中でもずば抜けたパフォーマンスを

披露しているのが

「クレイトン・カーショー」

IMG_2295

変わった投げ方しますが

とにかく打たれる気がしない

注目です

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る