パーソナルトレーナーのブログ【navis(ナビス)】

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

肉体改造の真髄

トレーニングの原理・原則

どうも~、大阪・心斎橋パーソナルトレーニングnavisの西原です!!

 

一般にトレーニングにおいて三大原理・五大原則として以下のようなものがあります‼︎

これらの原理、原則を考慮してトレーニングするか否かで効果は変わって来るはずです‼︎

習慣化しているトレーニングがこの原理、原則に当てはまっているか

見直してみてください‼︎

 

【トレーニング原理】

 

過負荷の原理

運動能力や機能向上をさせるには日常生活レベルの運動では刺激が不十分で、

日常的な水準以上の強度、限界を超えた強度でのトレーニングが必要になります。

しかし、現在すでに十分活動的な生活を送っている人はその機能を維持するためには特に過負荷を必要とせず、

現在の生活を続ければ問題はありません。

 

特異性の原理

身体の細胞は特定の刺激に対して特定の反応を起こし、適応が起こって変化します。

重ねた要求にのみ反応します。

よって、目的とするトレーニング効果を得るためにはその特異性を考慮したプログラムデザインを行う必要があります。

 

可逆性の原理

一定期間トレーニングを実施してその効果が得られても、

トレーニングを継続しないと身体はもとの状態に戻ってしまいます。

継続性の原則に繋がる原理です。

 

【トレーニング原則】

 

全面性の原則

トレーニングを行う際は全ての面でバランスよくプログラミングする事が重要です。

偏ったトレーニングになることでアライメント不良、筋のアンバランス化などを

引き起こし障害や機能低下を招いてしまう危険性さえあるので注意が必要です。

 

漸進性の原則

初めから激しいトレーニングをしても疲労が蓄積して効果があがらないので、

その人に合った強度から始めなければなりません。

しかし、ずっと同じ強度で行っていては効果は上がらないため、

強度を徐々に上げて行かなければ筋力や機能は向上しないので漸次強度を上げて行く必要があります。

 

継続性の原則

トレーニングは継続しなければ効果はあがりません。

散発的、一時的なトレーニングでは十分な効果は期待できません。

個人の身体特性や目的を考慮してそれに応じた頻度でトレーニングを継続する事が重要です。

 

個別性の原則

個人の体質、体力、健康状態、性格、その他の種々の因子は千差万別であり、

トレーニングの内容は個別に設定しなければいけません。

画一的なプログラムではその人の目的に添わない場合があったり、人によっては弱すぎて効果がなく、

逆に強すぎて行えないということもあるので各人に適したプログラミングを考えなければなりません。

 

意識性の原則

トレーニングを行う上で、使っている筋肉、その繊維の方向、作用また、フォーム、

その動きが客観的に鮮明なイメージを持てているかなどを意識する事でその効果を上げることができます。

意識と一言に言ってもかなり幅のある原則になります。

 

上記の三大原理・五大原則以外に以下の2つの原則も考慮しなければいけません。

 

目的性の原則

個別性の原則に通ずる部分がありますが体力の向上、ダイエット、ボディメイクなど何が目的なのか、

目的を明確に共有した上でプログラミングを行う必要があります。

 

安全性の原則

トレーニングを実践する上で基本的な条件が3つあります。

安全であること、効果が高いこと、興味が持てて継続できることです。

特に安全であるということは最も重要です。

トレーニングは負荷設定、回数設定、頻度など限界を超えたところで行うことで効果の上がり方は格段に変わります。

ただし、体調、モチベーションなどでトレーニングの質は変わります。

そのような部分も踏まえてこれから行うトレーニングは安全であるかを判断する必要があります。

 

トレーニングもルールに則って行う方がより効率的になります‼︎

参考にしてみてください‼︎

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る