navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

九州男児のカラダの取説

スポーツ選手はバカなのか??

こんにちは、小森です
今日はタイトルにもあるように

スポーツ選手はバカなのかどうか
について書いてみようと思います

運動一筋で頑張ってきたから
おばかさんだ
とか言われたりもしますし
実際に有名なスポーツ選手の
おばかなエピソードも少なくはないですね
脳まで筋肉でガチガチという意味で脳筋という表現もあったりします

じゃあスポーツ選手は本当にバカなのかどうか
ということになります

こういった事を言われる背景には
おそらくふたつの理由があるかと思われます

ひとつは
スポーツ選手が身を置く環境と
世間一般の普通の人たちが身を置く環境とは
色々と異なる部分がある
ということです

スポーツ選手が働く、ということと
世間一般の人たちが働く、ということそのものに
すでに差異がありますね
片方ではごくごく当たり前のことが
もう片方では特異的なことに
なることは珍しくありません

各々の環境に応じた
常識や慣例、しきたりのようなものがあるので
その差異が場合によっては
世間知らずのような形で出てくるのだと思います
スポーツ環境に身を置く人よりも
普通に生活している人の方が圧倒的に多いので
それがより際立って見えるということもあるかと思います

ふたつめ
こちらの方が実は根が深いことですが
これは人種差別の名残ですね
黒人選手がスポーツ界に参加する
ようになってから
様々な競技でどんどん記録が塗り替えられています
単純に短距離で走ることも長距離で走ることも
今世界の最高位には黒人選手がいます

そのことが気にくわない人たちが
運動能力では勝てないので
「知能指数が低いからそれを補うために運動能力が高い人種」
というような事を言い始め、
それがスポーツ選手はバカ
というところにつながっていき
今でもたまに言われてしまうことです

もちろん知能指数と運動能力が反比例の関係にある、なんて事はないので
全くもって根も葉もなさすぎなことですね

似たようなものとして
女性差別がまだ残る国や地域では
「女性が運動をすると寿命が短くなる」
なんてことを言われているところも
あったりします
もちろんこれもちゃんとした科学的な根拠はありません

なのでスポーツ選手はバカなのか
ということに関しては
スポーツ選手だからバカ(知能指数が低い)なんてことは
ありません
普通にバカもいれば頭の良い人もいれば
場合によっては環境の違いから
世間知らずや天然と呼ばれるような
人に見えてしまうこともある
というごくごく当たり前のことですね

逆にスポーツ選手は頭が良い説もありますが
こちらも脳、神経、筋肉の部分からそう言われたりしますが
特異性はあっても複雑性はそんなに
日常からかけ離れているわけではないので
そこまで影響はないかと思います
ただ、過酷なスポーツ環境に耐えるために
持つ強い意志が、頭の良さに見えることはあるかもしれませんね

総論すると
濱崎さんがバカなのは
スポーツ選手だからではなく
ただバカなだけ、ということですね
ω・`)

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る