navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

京都っ子の疲労回復促進課

ストレッチをする時の5つの意識

こんにちは、中多です!

4月も半分が過ぎ、かなり暖かくなりましたね(^^)

今日なんて暑い位ですよね・・・

そして、この時期は前にも言いましたが市民ランナーの方が増えてきましたね!!

やはり、前後のケアとしてのストレッチと、普段のストレッチ、

この2つが非常に大切になってきます。

疲労の残りにくい体、柔らかい体を手に入れたい!

こういった目的を持って行なうのですから、効率よく行ないたいですよね?

今日はそのために必要な5つのコツを紹介していこうと思います。

 

①しっかりと呼吸を行う

ストレッチをしていると息を止めがちになってしまいますが、呼吸をしながらストレッチを行いましょう。

伸ばす際に息を吐くのが基本で、腹式呼吸でゆっくりと行なう事で、

副交感神経がより優位に立ち、効果があがります。

 

②伸ばしている箇所を意識して行う

ただ形を真似て動くのではなく、ストレッチを行う前にどこを伸ばすのか、

しっかりと理解しておくことが重要です。

 

③「硬い」と思わないようにしよう

身体が硬いと思い込んだまま行うと、自然と自分の動きにブレーキをかけてしまいます。

良いイメージを持ってストレッチを行う事で効果があがります。

 

④伸ばしたい筋肉を刺激しよう

刺激を与えることで身体が明確に、意識するようになるので、より効果的です。

 

⑤お風呂上がりのストレッチは効果抜群

身体が温まることで血液の循環も良くなり、筋肉が柔らかくなっています。

以上、この5点をふまえてストレッチを行ってみてはいかがでしょうか。

時間がある際は試してみて下さい!

ちょうよう筋2

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る