navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

京都っ子の疲労回復促進課

ストレス社会

こんにちは、中多です!!

今日は、かなり寒いですね・・・

こんな寒い時期というのは、トレーニングをしなくても筋肉は固まってきてしまいます。

しかも、直接筋肉を使わなかったとしても精神的なストレスによって、

筋肉が張ってくる事も研究で示されています。

例えば、試合前に緊張が高まっている状態で、体が上手く動かなくなったり、

程よい緊張感の中では、むしろパフォーマンスが上がる、

などの経験をした事がある人も多いのではないでしょうか?

このように、心理的なストレスによって、筋肉が張りパフォーマンスに影響してきます。

今回は、そのストレスが原因で筋肉が張ってしまった時に起こりうる、

注意点を挙げていこうと思います。

①怪我の発生率を高める

当然の事ながら、筋肉が硬くなることで肉離れなどのリスクが上がります。

②筋エネルギー源の枯渇を加速させる

ストレスを感じることで、交感神経が優位になり、筋収縮が起きます。

その為に、いつも以上にエネルギーを消費してしまい、通常よりも

早く、エネルギーがなくなってきます。

③高まった張力からの回復が遅くなる

慢性的にストレスを感じた筋肉は、通常の筋肉を緩めるよりも

難しくなります。

ただでさえ、筋肉が硬くなりやすいこの時期、ストレスによる

筋の硬さなど感じたくありませんよね?

なので、そうならない為にも、普段からストレッチや自分がリラックスできる

状態をしっかりと作り、副交感神経を優位にして、柔軟な筋肉を手に入れましょう。

img_7337

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る