navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

京都っ子の疲労回復促進課

インナーって大事なんですよ?

こんにちは、中多です。

先日、桑野と個人フットサルをしてきました。

個人といっても、ただ二人でボールを蹴っていた訳ではありませんよ(笑)

知らない人がフットサルコートに集まって、知らない人同士でチームを組んで、

フットサルを楽しむというのが個人フットサルなんです。

久しぶりということで、ゆる~くやろうと思いましたが、

いざ始まってみるとそんな事は忘れて、全力で楽しんでいました・・・

結果、仕事中何度も足裏が攣りそうになってました・・・

さて、今回はそんな足裏についてです。

今回、僕の足裏が攣りそうになっている原因は、

明らかに使いすぎによる疲労から来たものでしたが、

特に疲れている訳でもこまめに水分も取っているし、冷やさないようにもしてる、

ないのになぜかよく攣るという人結構いますよね?

では、なぜ足裏が攣るのでしょうか?

そこには足部のインナーの働きが大きく関与しているんです。

足部には細かい骨がとても多く、その骨をつなぎとめているのが、

インナーの筋肉となっています。

その筋肉が使えないことで、骨がずれ易く、内側からとめることが出来なくなります。

それでも、内側から止めれないからといって、そのままほっとくことなんて出来ないですよね?

内側で止められない分、外側の筋肉が頑張ってしまうんですね・・・

その時の筋肉の状態というのは常に筋肉が収縮しています。

筋肉が収縮状態が続くと、とても疲労が溜まりやすい状態が出来てしまいますので、

そうならない為にもインナーを使えるようにすることは必須なんです。

そんなよく足がつる人は、インナーを鍛えてみてください。

そして、その方法が気になる方は、是非navisトレーナーにご相談ください。

1FullSizeRender

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る