navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

京都っ子の疲労回復促進課

ふくらはぎが気になる方へ!!

こんにちは、中多です。

navisにトレーニングにいらっしゃる女性の方の多くが、

脚のラインを綺麗にしたいとおっしゃられます。

そして、こんな質問をたまに受けます。

「ふくらはぎが太くて、ジーパンがひっかるんですよ・・・」

「この太さどうしたら細くなりますか?本当に細くなりますか?」

答えから言うと、なります!!

では、どうすれば細くなるのか??

そもそも、なぜふくらはぎが太くなっていくのか??

今日は、その辺りを説明していきたいと思います。

ふくらはぎが太いとおっしゃる方の大半は、外側が張っていることで、太くなっています。

太ふくらはぎの外側の張りの原因としては以下の事が考えられます。

・足関節が緩みのポジションに入っていることで、体重が外に乗っている。

・股関節が上手く使えずに、膝の関節にズレが生じ、ひざから下の骨が正しい位置に収まっていない。

上記の事から分かるように、ふくらはぎを細くしていくのに、直接ふくらはぎに刺激を入れることは

あまりせず、股関節、足関節、もも裏に対してアプローチをしていきます。

足関節の部分が緩みのポジションに入ると、体重が外にかかりやすいのは、

内側のくるぶしと外側のくるぶしを触ってみると、外側の方が少し下にあると思います。

なので、緩んでいる状態というのは、内側に捻りやすいという状態を意味するので、

外側に体重が乗りやすくなり、何かをしようとした時、必ずと言っていい程、

外側のふくらはぎに力が入りやすくなり、発達しやすくなります。

股関節が原因の場合は、股関節に乗れていない事で、太もも前や外側の筋肉ばかりを

使ってしまい、膝の関節にズレが生じてしまします。

その場合は、股関節を立った状態で、上手く使えることはもちろんのですが、

大事になってくるのは、裏ももの内側にある筋肉なってきます。

裏ももの内側の筋肉は、膝の関節をまたぎ、膝下にある骨についています。

外側ばかりに体重が乗ることで、内側の筋肉が上手く使えなくなり、正しい脚のラインを保ちにくくなり、

体重も外側に乗りやすくなり、ふくらはぎの外側に力が入りやすくなります。

ふくらはぎの内側、もも裏の内側、股関節を上手く使えていないな、

ふくらはぎが気になるという方は、navisトレーナーにご相談下さい。

image11

 

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る