navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

京都っ子の疲労回復促進課

いい汗、悪い汗

こんにちは、中多です!!

今日は少し肌寒いですが、暑い季節がやってきました。

運動をしていると、春先に比べ、大量の汗をかきますね。

 

実は、汗には、いい汗と悪い汗があるそうなんです。

基本的には、運動が習慣化している人は良い汗が多い傾向にありますが、

自分の汗が良い汗か悪い汗かチェックしてみて下さい!

 

いい汗の特徴

・水のようにサラサラしている

・汗の粒が小さい

・汗に塩分やミネラルが含まれていない(舐めても味がしない)

・無臭

悪い汗の特徴

・ベトベト、ネトネトしている

・汗の粒が大きい

・汗に塩分やミネラルが含まれている(舐めるとショッパイ)

・ニオイがする

 

◇汗をかく場所

・膝の裏→健康状態〇

・脇→健康状態〇(汗に塩分が含まれていると×)

 

良い汗は、汗腺が毛細血管から塩分やミネラルなどが混ざった水分を取り、

身体に必要な塩分やミネラルだけを体内に戻し、水分が汗腺を通り、体外に出されます。

悪い汗は、塩分やミネラルも一緒に体外に出してしまうので、ベタベタした汗になり、嫌な臭いになります。

 

悪い汗の人の特徴

・運動習慣が無い

・睡眠不足、ストレス

・食生活が乱れている

・冷房の使い過ぎ

 

悪い汗だったという人は、汗腺の機能が働いていないことが原因として挙げられます。

運動を習慣化するなどして、積極的に汗をかき、汗腺の機能を取り戻しましょう!

IMG_8834

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る