navis

体験トレーニング

スタッフブログ

スタッフブログ

京都っ子の疲労回復促進課

〇〇症候群

こんにちは、中多です!!

皆さん、「頚肩腕症候群」

というのは聞いたことあるでしょうか?

僕自身、お客さんに聞いて初めて聞いたものなので、少し調べてみました。

症状としては、頚椎から上肢、背部に疼痛や痺れが出て来るようです。

原因として多いのが、PC作業が多く同じ姿勢でいることや、動かさない事により

症状が出てくることがあるそうで、神経障害として手足のしびれなども出てくることがあるそうです。

では何故、同じ姿勢や動かさないと痛みが出てくるのか、

PC作業を例に挙げて説明すると、

PC作業をしている時、皆さん最初は良い姿勢で始めると思います。

ですが、時間がたってくると気づかない内に顔がPCに近づいたり、

猫背になっているケースが多いです。

そうなってくると、背骨の間の筋肉は常に伸ばされた状態になってしまうんです。

その伸ばされた筋肉は、上体がこれ以上曲がらないようにと、

必死で耐えようとします。

そのことにより、筋肉に疲労が溜まっていき、アライメントが崩れてきてしまい、

結果神経を圧迫し手などに痺れが出てきてしまいます。

治療としては、温熱治療や薬物療法などがありますが、やはり、一時的なものでしかありませんよね?

やはり根本から治していく為にも運動とアライメント改善が必須に

なってくるんではないでしょうか?

IMG_3744IMG_3745

肩こりや、首の疲れ、姿勢を良くしたいという方は、

是非一度トレーナーにご相談下さい!!

<

>

一覧へ戻る

TOPへ戻る